(株)良品計画のグローバルSCMへの取り組み

2014年11月19日、グローバル・マーケティング研究会(明治大学経営学部大石芳裕教授主催)に参加してきました。 第83回となる今回は、株式会社良品計画の常務取締役、小森孝さんの「(株)良品計画のグローバルSCMへの取り組み」と題した報告でした。

まず最初に、事業内容、事業の要諦を説明、その後
無印良品のコンセプト
商品開発
海外事業展開、グローバル化の基本方針
基幹となるMDプロセス、グローバルMDプロセス、システム開発
グローバル・ロジスティクス
ITと一体になった業務改革
最後に、 と言った内容の報告でした。

「無印良品」のブランドで知られる(株)良品計画、商品の企画開発から製造、小売まで行う製造小売業として、その商品管理から流通までのサプライ・チェーン・マネジメントのグルーバル展開について話を聞くことができた貴重な時間でした。 2005年に大きくシステムを変更されていますので、お話の中心はどのようにシステム開発を進められ、なおかつその後の業務改善に役立てているかといったものでした。

大石芳裕教授の指摘は、製造小売業においては、サプライチェーン・マネジメントをどのようにグローバルで構成するか、さらにその基本的なコンセプトはグローバル・マーケティングの重要な一部である、と私自身理解させていただきました。

次回のグローバル・マーケティング研究会は、12月10日キッコーマンの海外事業部長、茂木修さんの「キッコーマンのグローバル・マーケティング」の予定です。


資生堂アジア戦略ーグローバル・マーケティング・研究会

2014年7月31日、グローバル・マーケティング・研究会(明治大学経営学部大石芳裕教授主催、東京御茶ノ水、明治大学リバティ・タワー)に参加してきました。 今回は資生堂 取締役執行役員常務 岡澤 雄さんの 資生堂アジア戦略「挑戦ーアジアのお客様から信頼され勝ち抜く企業」へ、と題した報告でした。 リバティ・タワーのホールに、これまでの研究会で最も多くの人が詰めかける非常な盛会となりました。 また、グローバル・マーケティング研究会の会員も今回で1,200名を超えたと、大石教授から報告がありました。

岡澤さんの報告は、まずは自己紹介から始まり、
当社概要および海外展開状況、
資生堂のアジア戦略理念および市場概要、
資生堂のアジア展開状況と課題、
アジア戦略実行の上でのリスク、
結び:「アジアお客様から信頼され勝ち抜く企業へ」、
と言った流れのものでした。

さらに大石教授のまとめとしては、中国市場での化粧品メーカーのシェアーの変化と、グローバルな化粧品メーカーのROS:売上高対利益率をベースに、海外企業に比べての日本企業の利益率の低さを指摘されていました。

今回印象に残ったのは、改めて中国市場の変化の早さでした。

今回の岡澤さんは、個別各国の市場戦略について概説されていましたので、むしろ2012年6月20日に、この研究会で報告いただいた資生堂中国事業部事業推進部(当時)の大田正人さんの報告が、その当時の中国戦略を詳しく伝えていました。 その後、2013年8月29日には、このグローバル・マーケティング研究会で中国戦略研究所の徐向東さんは、「中国で売れないなんてありえない」と題して、化粧品分野での中国独自ブランドが育ってきている点を指摘されていました。

これに加えて、中国におけるスマートフォンによるインターネットアクセスの増加、廉価なアンドロイド版がこの増加を支えています。 中国ネットワーク・インフォメーション・センター(CNNIC)の2013年末の報告によれば、中国インターネット利用者数は6億1,800万人、この内スマートフォンなどのモバイルからの利用者が、5億人。 モバイルからのインターネットの利用者の2007年5,040万人から2013年5億6万人への変化は凄いものがあります(チャート)。

中国モバイル

このインターネット利用の利用用途の第一位がチャット(5億3,215万人、利用率86.2%)なのです。 上に政策あれば、下に対策あり、という国民性の中で、一番信頼されるのが、自分が属している仲間の「クチコミ」。 このクチコミをチャットが支えています。 いつも思うのは、中国の変化は、日本でも体験していない、世界の最新の変化が非常な早さで中国で起きていることです。 この辺りについていけないと、一気にマーケット・シェアーを落とすか、伸び悩んでしまうことになってしまいます。

研究会の後の懇親会も今回は50名を超えたということで、非常に楽しく、賑やかな会でした。 次回は8月19日、ダイキン、グローバル戦略本部・営業企画部長の大森さんの報告です。


グローバル・マーケティング研究会 関西 第一回に参加

2014年3月1日、大阪 関西学院大学大阪梅田キャンパス、アプローズタワー10階で開かれた第一回グローバル・マーケティング研究会、関西に参加してきました。 今回、元来ドライブは好きなので、軽い気持ちで熊本から車で大阪まで出かけました。 東京ー熊本の移動実績(途中一泊)はありますので、大したことないだろうと考えていましたが、さすがに一気に大阪まで移動するのは、ちょっと骨が折れました。 次回、機会があれば飛行機か、新幹線を使うようにしようと考えています。

今回の報告は、オムロン株式会社の野村俊輔さん、「”Linked Local”~機械装置製造のクロスボーダー化における顧客創造~」と題しての報告でした。 まずはオムロンの事業の概況を説明後、「顧客業界フォーカスによる米国特定顧客での市場開拓事例」として、アメリカでの営業活動において、顧客の問題発見、営業活動の理論化、及びその実践について、また「欧州顧客の域外展開プロセスにおける顧客課題抽出と価値提供モデル構築の試み」として、ビジネスの機会喪失の問題発見、その解決策の理論化、主に組織内でのその実践方法についての報告でした。

初回ということもあり、スケジュール的に最後の質問の時間が短かった点は残念でしたが、関西の実業家の方も参加されており、懇親会で色々と意見交換できたのは大きな収穫でした。


サムスン式国際戦略ーグローバル・マーケティング研究会

2014年1月16日、グローバル・マーケティング研究会(明治大学経営学部、大石芳裕教授主催)に参加してきました。 今回は「サムスン式国際戦略」と題して、日本サムスン元顧問、石田賢さんのご報告でした。 2011年5月に続いて2回目のご報告です。

今回は、
1. サムスンの現状、としてサムスンの現在のビジネス、経営戦略、新規事業、組織に触れられた後、
2, 二番手、そして組み合わせ、高付加価値化・差別化の方法、としてブランド・マーケティング戦略、サムスンの危機意識についてご報告、
3, それでもアップルにかなわない、としてアップルとの比較検討、でした。

すでに韓国を代表する企業であり、複数の事業部門を持つ企業としてサムスンを単純に一つの切り口で語るのは、むずかしいでしょう。 同様にGoogle で「ムーン・ショット」と位置づけられている将来の新規事業も、現在の行っている事業と同列に語ることは難しいでしょう。 ただ動きが早くなってきているのは事実ですので、その辺りが混同されやすくなっています。

家電商品は、各市場のニーズを的確に反映したローカライズされたものになっていくでしょうし、半導体は「ムーアの法則」に従ってその性能を上げていくとともに、組み入れられる商品によっては、その省電力設計が厳しく問われていきます。 すでにテレビは消費者のいかなるニーズも満たさない、ただ放送する側の都合にだけ対応する箱になっています。 現在の状況に適合し、消費者の期待を超えるテレビ(それをテレビと呼ぶのかは疑問ですが)の誕生が待たれます。 スマートフォン、タブレットの分野では、Apple がiPhone(2007年6月)iPad(2010年5月)を発表し、いわゆるモバイル・デバイスの革新を起こしました。 その次は何か?と議論されて久しく、おそらくウェアラブル・モバイル・デバイスであろうかとはみんなが予測していますが、それがどの様な形になるか? 未だ正解は見出されていません。

企業として、これからの事業を考える際にGoogle のMoonshot 同様に、将来の事業戦略としてどのような分野に力を入れていくのか? ビジネスを伸ばすために、ソーシャル革命で引き起こされたビッグ・データ事業を取り込んでいくのか? デバイスの売り込み先として法人を考え、利幅の大きいビジネスをのばそうとするのか? 悩みが尽きないのが、今のサムスン、といった印象を受けました。

サムスンの競合相手は、ビジネスモデルが異なるアップルでもなければ、ネットでの宣伝広告だけに依存しているGoogle でもなく、むしろGEなどのような総合メーカーではないかとの印象を受けましたが、いかがでしょう?

次回のグローバル・マーケティング研究会は2月28日、花王スキンケア事業グループ長田中悟さんの報告です。

ハニーズのグローバル戦略ーグローバル・マーケティング研究会

今年参加したグローバル・マーケティング研究会の中で、まだ報告を書いていないものがありますので、この機会にあげておきます。 2013年10月1日の研究会、株式会社ハニーズ社長の江尻義久さん、のご報告です。

ご報告は、会社概要から始まり、
衣料品専門店業界ポジショニング、
経営理念、
SPA(製造小売)システムの概要、
「ファッションとは」などの定義、
ブランドコンセプト、
商品企画の週次サイクル、
中国からの直接物流、店舗網、
中国での展開、
ミャンマー子会社、
最後に、これまで会社経営する上で心がけてきたこと等、非常に内容が深いものでした。

この研究会まで、株式会社ハニーズについてほとんど知りませんでした。 福島県いわき市をベースに、10代から40代の女性をターゲットにする、SPA(商品企画から販売までを手がけるビジネス・モデル)で、日本国内直営店1,000店舗、 中国国内500店舗以上をすでに達成しています。 その商品企画、製造のサイクルはZARA よりも早く、商品デザインについても特定のデザイナーに頼るのではなく、社内のチームで行っています。

今回は、特に印象に残った江尻さんの言葉を追ってみたいと思います

自分のところに来てもらったほうが交渉はし易い

「相手のところに出向いて行って、商売の話をするより、来てもらって話をするほうが、交渉はし易いです。」  毎週月曜日からデザインを詰めていた洋服を中国の取引先に発注をするのに、毎週金曜日に中国から取引先が福島・いわき市のハニーズ本社に25社から30社集まるとのことです。

中国で生産された商品は、直接店舗へ配送

「これができているのは、ハニーズだけです。 ユニクロもできていません。 中国から商品を輸出する前に、ハニーズがすべて買い取っているので、日本に着いてから、すぐに各店舗と物流センター(在庫分)に輸送できるようになっています」

一年中Tシャツで過ごせる所には進出するつもりはありません

「ファッションとは、デザインと素材と色・柄の組み合わせ、四季の変化によりデザイン・素材・色柄も変化します。 四季変化のない東南アジアの国への進出は考えていません。 むしろ四季のあるヨーロッパのほうに可能性を感じています」

中国でも全く日本と同じものが売れています

「中国の北部でも南部でも、日本の若い人に人気のある商品が同じように売れています。 地方による好みの変化は感じたことがありません」

デザインは、チームでやっています

「幸い私も長くやっていますので、感は働きますのでダメ出しはしますが、若いデザインチームが毎週50型ほどのデザインを担当しています。 みんなの多数決でデザイン決めてます」

ハニーズが中国上海に進出したのが2006年、2009年から2010年にかけて徐向東さんがブログで、「上海の若い女性の洋服のセンスが非常に良くなってきている。 まるで原宿や表参道で見かけるような洋服を着ている」と語っていました。 偶然ではなく、ハニーズの影響だったかもしれません。 江尻さんのお話、ここに書いたものに尽きるのではなく、本当の経営者として、笑顔で話されている一言一言が非常に大きな重みを持つものでした。

2014年最初のグローバル・マーケティング研究会は1月16日、元日本サムスン顧問、石田賢さんの「サムスン式国際戦略」です。