iPhone 6 をどう買うか?

すっかり国際化し、また一般化してきたお祭り騒ぎを横目に見ながら、iPhone 6 にこのタイミングでは機種変更しないことに決めました。 iPhone 6 Plus も同様です。 最近の状況がずいぶんと変わってきています。

1. 通話無制限の基本料実質値上げ

ドコモが仕掛けて、他社がこれも横並びで追随しています。 ソフトバンクは古いホワイトプランの提供を8月末で打ち切る予定だったのを、iPhone 6 の発売に合わせて、11月末まで延長しています。  (追記: 2014年12月11日 ソフトバンクは、ホワイトプランの新規受付・プラン変更を期間を定めずに受け付けることにしています。)

ソフトバンクのこれまでのプラン(11月末まで加入・変更可能)

基本使用料 ホワイトプラン(ソフトバンク同士通話無料) 934円
オプション Si ベーシック 300円 1,234円
ユニバーサル・サービス料 3円 1,237円
データ通信料 パケットし放題フラット 4G LTE 5,200円 6,437円

このホワイトプランに対して

新料金プラン

基本使用料 通話無制限 2年契約 2,700円
縛りなし 4,500円
2,700円
オプション Si ベーシック 300円 3,000円
データ定額パック 2G
5G
10G
3,500円
5,000円
8,000円
6,500円
8,000円
11,000円

2. SIMフリー(Unlocked)

昨年からの流れとして、携帯端末が通信会社に縛られないSIM フリー(Unlocked)が一般的になってきており、Apple から今回はSIMフリーのiPhone 6 が販売されています。 その価格はiPhone 6 16G 67,800円、64G 79,800円、128G 89,800円となっています。

3. 格安SIMの広がり

SIMフリー(Unlocked)携帯端末に合わせて、格安SIMの提供が始まっています。 仮想移動体通信事業者(MVNO)が、ドコモやAUの携帯設備を利用し提供する通信用のSIMです。 この辺りの解説は、Amazonが「SIMカードの選び方ガイド」として丁寧に記載しています。

データ通信のみ

データ通信のみであれば、2G、毎月1,500円程度(通信速度下り150Mbps, 上り50Mbpsを前提)ですみ、多くのSIM が提供されています(10月から900円・IIJmioというのも提供されています)。 私自身外出先や旅行先で利用するぐらいで、毎月の利用はほとんど1G欠けるくらいですので、2Gあれば十分と考えています。 家庭内ではWifiにつないで利用してます。 このデータ通信専用のSIMの場合、携帯電話の待受はできませんので、どうしても携帯電話との2台持ちが前提となります。

音声通話、SMS、データ通信

また現在使っている携帯電話番号を移して、音声通話、SMSとデータ通信が可能なものは基本的に2種類あります。

日本通信 bモバイル
スマホ電話SIMフリーData
データ無制限 1,560円 イオン系列携帯販売・ヨドバシ
評価ばらつき
通話 30秒20円
IIJ IIJmio SIM
音声通話パック みおふぉん
2G
4G
7G(SIM3枚)
1,600円
2,220円
3,260円
Big カメラ
評価安定
通話 30秒20円
10月に値下げ1Gを2Gへ

携帯電話での通話に重きをおかなければ、携帯会社の月額利用料金と大きな開きがあります。 単純にソフトバンクの新料金6,500円と2年間で比べてみると、117,600円の差が有ります。

今後どうするか

2年縛りが解ける適切なタイミングで、IIJへ電話番号を移し、格安SIMを利用するのも選択肢となります。 その際にどのようにスマートフォンを手に入れるか? 選択肢はずいぶんと増えてきます。

1. SIMフリーのiPhone(iPhone 6である可能性もあります)をAppleから購入する。
2. Bigカメラなどでセット販売されている携帯を購入する。
3. 40,000円程度のSIMフリー・アンドロイド携帯を購入(Amazonなど)。
4. 海外のSIMフリー(Unlocked)の携帯で、日本の4G、LTEに対応しているものを探す(eBayなど)。

ある意味、楽しみが増えてきました。 今後Appleは、Apple WatchとiPhoneを連携したものとして取り扱ってきますので、Apple watch にあまり意味を見出さなければ、使いやすいiPadでAppleの最新技術を楽しむことにして、スマホはアンドロイドでも良いかな?と考え始めています。

 


ドロップ・ボックス Dropbox の使い方(2)

iPad で作成した Keynote ドキュメントを Dropbox を使って共有したい、と考えています。 Windows の PC を使いながら、iPhone や iPad を活用している人が多いのではないでしょうか。 結論として、最近使っていなかった(というかほとんど接続することがなくなっていた) iTunes を利用するのが、一番簡便ではないかと思いました。
Apple Keynote Share
Keynote など iWorks ドキュメントの共有方法

Keynote などの右上のスパナ印、ツール>共有とプリント、を見てみると、共有のやり方として
1) メールで送信、これは特定の相手方に例えばKeynote などをPDFで送ってシェアするなどの時に有効ですね。
2) iTunes にコピー
3) WebDAV にコピー、と3つの方法があるのがわかります。

WebDAV とは何だろう?

WebDAV とは、ファイルのサーバー上での管理のやり方、方法のようで、例えば、これまでファイルをネット上送信するのにFTPプログラムなどを利用してサーバーに送ったりしていましたが、このWebDAV だとそんなFTPを利用せずともファイルをサーバーへ移転できるし、また様々な管理ができるようです。  実際、レンタルサーバーを提供しているロリポップやさくらサーバーなどでもこの方式のサービスが提供されています。 従って、単にレンタルサーバー上にファイルを転送し管理するだけでしたら、このWebDAV にコピーを使うことができます。  Window やApple のOS を超えてドキュメントの共有を目的とするのであれば、さらにDropbox との連携が必要です。

WebDAV を利用したサービス

そこで、WebDAV のコピーの機能を直接Dropbox に関連付けるサービスが提供されています。 DropDavや、Otixo と言ったサービスです。 この2つとも、様々なクラウドサービスを、簡単な操作で一括して管理してくれるツールです。 それぞれのサービスに登録し、Dropbox との関連性を持たせることによって、「WebDAVにコピー」するだけでKeynote 等のファイルがDropbox ヘアップロードされることになります。 Google Drive やマイクロソフトのSkydrive などのクラウドサービスの利用が普及してくれば、こういったサービスも一般的になってくるかもしれません。  何よりも、PCに依存せずにファイルの共有の処理を完結できる利点は大きいと思います。  サービス開始の当時は、無料で提供されていたのですが、現在では両サービスとも月額$5.00程度の有料となっています。

iTunes にコピー

最近全く利用していなかった iTunes です。 Apple が iCloud を提供するようになって、まずはバックアップをそちらで取るようになり、一定の写真も共有されたりしていますので、iPad や iPhone を意識して iTunes に繋ぐことがなくなっていました。 今回改めてiTunes を観てみると、まずはWiFi を経由して、iPad やiPhone と接続することが可能となっていました。 これは同じ家庭内のWiFi に機器があれば、PCでiTunes を立ちあげてさえ置けば、簡単にKyenote などのドキュメントをiTunes に送信できることになります。 Apple TV が最初でしたが、WiFi 経由で、iTunes をPC上の基幹として利用できるようになっています。 そしてiTune 上にKyenoteがコピーされれば、右下の「保存先」をクリックして、Dropbox のフォルダーを指定すれば、簡単にKyenote をDropbox によって、他の人達と共有することが出来るようになります。


ネガティブ報道への批判

藤シローさんのMACLALALA2 からの記事です。 このような報道の一つの震源が、日本の大手経済新聞になっているのも残念なことです。 もともとデジタル関連に強くなかった経済新聞ですが、これ以降、特定の記者の報道は、細心の注意を持って読むようにしています。

ネガティブ報道への批判


NTTドコモのMOQ(最低発注量)

藤シローさんの記事です。 これまで2006年のアメリカでのiPhone の発売から、何度NTT側からこのような内容がリークされたでしょうか? アメリカ企業が一番嫌がることです。 コンプライアンス上も、起業の経営に関わる交渉内容を外部の漏らすことは、厳重に禁止されています。 まず日本企業の経営者の経営意識の低さが問われれます。 また、既存の契約者を引き止めておくために、意図的にリークしているのであれば、それほどまでに消費者の意識を低いものだと経営者が思っているということに他ならず、私であれば、そんな経営者のいる会社への信頼を失ってしまいますが、如何でしょうか?

NTTドコモのMOQ(最低発注量)