Salesforce World Tour Tokyo 2014 に参加

2014年12月4日に開かれた Salesforce Word Tokyo 2014 に参加してきました。 マーケティングを実践するものとして、マーケティングを実現するのにどのようなツールが利用できるのか、また、テクノロジー業界において明確にこれからのヴィジョンを語れるマーク・ベニオフがどのように考えて基調講演を行うかを知りたくて、ほぼ連続してSalesforce のイベントに参加しています。

salesforce2

今年のマーク・ベニオフは、良い意味で非常にリラックスしているように見えました。 日本でのSalesforce が安定的な成長期に入ったとみていいかと思います。 2011年に初めてマーク・ベニオフの基調講演を聞いた時の雰囲気とは違っています。 横並びを心地いいとする日本企業が雪崩を打ってSalesforce のクラウドを利用することになるでしょう。

今年の現状分析は、これまでのクラウド、ソーシャルネットワーク、モバイルに加えてビッグデータが取り上げられていました。 ビッグデータそのものは、ソーサシャル・ネットワーク、モバイルの構成要素でもありますので、それが特別に取り上げられたということは、それほどまでにクラウドで取り扱われるデータの量が増えているということ、実際Salesforce のクラウドで取り扱われるデータの量が2009年からうなぎのぼりに増えているチャートがマーケティングのセッションで示されていました。

これを前提に、Salesforce が示すグランドマップは、そのクラウドで提供する、Sales, Service, Marketing, Community, Analytics, Apps です。 これを今年は、The Customer Success Platform という概念で説明していました。 「世界と同じスピードでビジネスを展開する」ためのプラットフォームです。 今年は特にマーケティング・クラウド、そしてプログラム・コードを書く必要がなく、準備されたアイコンをドラッグするだけでモバイル・アプリを開発できる Salesforce 1 Lightning  というモバイル・アプリケーション開発のツールに焦点が当たっていたように思います。

これまで、2011年に企業におけるコミュニケーションがソ-シャル・ネットワーク化すると言う「ソーシャル・エンタープライズ」、2012年には顧客が選択と発言の自由を得て、企業と対等の立場を得たとする「カスタマー・カンパニー」を提唱していたマーク・ベニオフですが、今年は、クラウドでSalesforce が提供する価値として、「The Customer Success Platform」を提唱しているように思えます。

2014年6月に東京で予定されていたイベントには、マーク・ベニオフは参加せず、その直前のマイクロソフトとの業務提携に忙殺されていたようです、が、その後のヨーロッパでのツアーには参加していました。 重点をヨーロッパに移しているとも考えられます。 これとは別に、2015年6月にはニューヨークでMarketing クラウドのイベントを行うようです。 楽しみです。


IT経営フォーラム2014 熊本に参加してきました

経営やマーケティングについて考えるときに、それをサポートできるシステムがどのような状況にあるか?、どんな変化が起こっているか?と言った知識が不可欠になってきます。 そのブラッシュアップのために今年も「IT経営フォーラム2014、熊本」に参加してきました。 九州を中心にクラウドコンサルティング、特にSalesforce の導入支援を行っているシステム・フォレストの富山さんが主催されているフォーラムです。

1年前の2013年の2月から準備に入られていただけあって、充実した内容の講師陣です。 今年のテーマは「クラウド✕モバイルで利益を出す」。

まずは船井総研のチーフコンサルタントの斉藤芳宣さんが「2014年の時流と利益を出すマーケティングの原理原則」と題して、ドイツの事例を交えながら、差別化をどのように行うかについての講演。

第2講座は「Evernote Business を利用した新しい働き方」と題して、エバーノート株式会社の日本社長の井上健さんとビジネスアカウントマネージャーの積田英明さんが、Evernote の考え方や最近の動きを交え、新しい働き方を提案。

第3講座は「導入事例に見る継続的に利益を上げるCRM活用法」として、Salesforce の専務執行役員 米国上席副社長の福田康隆さんがSalesforce について説明された後、特別ゲストとして、これまでにSalesfoce の主催するCloudforce でお見かけした株式会社ツルガの代表取締役敦賀伸吾さんの「経営戦略の可視化による企業力の変遷」と題して、これまでのご苦労された話を交えながら、ネジの通販サイトの立ち上げのお話。

第4講座は、「国内導入事例に学ぶビジネス向けiPhone/iPad活用事術」として、ソフトバンク主席エバンジュリスト 中山五輪男さんの実際のアプリを利用した活用事例についてのお話でした。

今回、特に印象に残ったのは、Evernote がどんどん進化していること、でした。 最初にパソコンの画面で触れた時には、あまりにそっけないデザインで、どちらかと言うとDropbox をファイルの共有のために使用していましたが、今回改めてEvernoteに様々な改良が加えられているのがわかりました。 また昨年2013年10月に発表されたSalesforce 1 との連携が取られており、スマートフォンやiPadでもずいぶんと使いやすくなっているようでした(現在試しているところです)。 非定形的なデータに対して検索ができる、というのがEvernote の強みとなっていますので、それがどれほど使いやすくなっているか今後試してみることにします。 さらに通販サイトの構築にSalesforce を使いこなされている敦賀伸吾さんのお話も印象に残りました。


Customer Company Tour Tokyo 10/30 – Salesforce

いつも気にしているSalesforce CEO マーク・ベニオフの基調講演が2013年10月30日 Customer Company Tour Japan で行われ、その録画が現在配信されています。  会場で参加したかったのですが、今回はライブ配信を見ていました。

昨年の Cloudforce 2012では、現在起きているテクノロジーの革命を、クラウド、ソーシャル、モバイルと類型化し説明し、そしてこれからの企業の姿を「カスタマー・カンパニィ、Customer Company」と名づけていました。 今回の基調講演では、Customer Company の姿がより丁寧に説明されていたと感じました。

This is a trust revolution

前提として、現在テクノロジーの世界では クラウド、ソーシャル、モバイル、この3分野で革命的な進歩が起こっています。 そして消費者は企業が自分たちの期待に応えなければ、その力を行使します。 その力とは「選択の自由」、「発言の自由」。 消費者の信頼にに応え続け、消費者の信頼を勝ち得なければ企業は生き残れない、信頼革命が起きている。

a customer company

消費者は1人ひとりが思いとニーズを持った人間。 単に商品やサービスを受け取るだけでは満足せず、企業に対して対等なギブ&テイクの関係を求めています。 消費者がこのような関係を企業に求めているのであれば、企業は彼らのための会社 「カスタマー・カンパニー」にならなければならない。

available 24/7 24時間年中無休、いつでも
any place どこでも利用できる
listens あらゆる方法で顧客の声に耳を傾ける
connect 顧客、従業員、パートナー、商品、すべてがつながっている
grateful for your business 感謝されるビジネス
create communities コミュニティを作り、IT情報、プライバシー、資産を大切に扱う
knows you どんな形で連絡しても顧客一人一人をきちんと把握している、顧客をファンに変えることができる

The only thing that can stop a good idea is not sharing it. スタッフ同士が楽しく協力しあえれば会社の成長は一気に加速する
Success is a team sports. チームで商談をまとめることができれば、会社の競争力はますます強くなる
Turn rants into raves 顧客の声を知ることができれば、素晴らしいサービスが提供できる、批判を絶賛に変える
The platform for rapid success データは最新のもの、従業員はいつでも最高のパフォーマンスを発揮、あらゆることがリアルタイムに分析できる、自信を持ってマーケットに切り込める、どんな規模、どんな戦略でもクラウドが可能にしてくれる

Develop Once. Succeed Everywhere. 成功のために
Connect Every Customer 顧客とつながろう
Create Brilliant 1 to 1 Conversations. 1人ひとりと対話しよう
Work on any device, Anytime, Anywhere いつでも、どこでも、使える
No software, No hardware, No Boundaries ソフトからもハードからも解放される
Become a customer company カスタマーカンパニーになる
Connect to your customers in a whole new way 新しいカタチで顧客とつながる

以上のような内容が、基調講演の冒頭のビデオで明らかにされています。 またこれに加えて、講演の中では、「すべてのモノ、デバイス、アプリ、Tweet, ポストの向こうにはお客様がいる」との考え方を重要なポイントとして強調、さらに会社が成功するためには「顧客のインターネットを構築する、すなわち新しい形で顧客と繋がることが大切である」と指摘しています。

マーク・ベニオフは、テクノロジー界において、これからの世の中を見据えてビジョンを語れる人です。 今回の基調講演、非常に刺激を受けました。 また、Ustream を利用したライブ配信、所用があり最後の部分外出して車の中でiPhone を使って聞いていたのですが、ほとんど途切れることなく最後まで聞く(見る)事が出来ました。 これにも新鮮な驚きを感じました。


Cloudforce 2012 に参加してきました

Salesforcees が主催するこの会、昨年に続いて昨日2012年12月6日参加してきました。  今年は東京ビッグサイトでの開催で、事前登録者数13,000名とのことでした。 昨年にも増して参加者が増えています。 クラウドでのソフトウェアーの提供がどのように進化してるのか、と言った興味から参加するようになのですが、楽しみの一つがSalesforce.com の社長マーク・ベニオフの基調講演です。  昨年は”ソーシャル・エンタープライズ“という概念を提唱、社内にソーシャル・メディア型のコミュニケーションを取り入れることによってビジネスの形が変化する可能性を示唆してくれました。

今年のマーク・ベニオフの基調講演はさらに進化していました。 フォーチュン500のCEOに対するインタヴューに触発されたと本人が言っていましたが、クラウド、ソーシャル、モバイルの現在の発達を前提に、これからの企業の姿を”カスタマー・カンパニー“と名付けていました。 会社のあらゆる分野で、より顧客の声に耳を傾けそれを取り込んで行く、顧客に寄り添った会社をこれからのの姿としているように私は理解しました(とは言え、正確な内容は、公開されている基調講演のビデオなどで是非ご確認下さい)。 元アメリカ国防長官コリン・パウエル、トヨタ社長豊田章男さんとの特別セッションでも、”イノベーションとグローバルリーダー”と題してテクノロジーの進化に応じてこれからのリーダーシップはどうあるべきか?に焦点が絞られ議論されていました。 マーク・ベニオフの非常に抑制の効いた議論の進め方も好感が持てました。

しばらくはSalesforce の動きも目が離せません。

Salesforce クラウド×ソーシャル活用事例セミナーに参加

昨日 2012年4月18日 東京ミッドタウンで開かれた
セールス・フォース、Salesforce 主催の
Salesforce Solutions Roadshow 2012 に参加してきました

昨年12月に開催された Cloudforce 2011 Japan の中で
人気の高かった活用事例セミナーを独立させ、全国展開させたものです

経営戦略の可視化による企業力の変遷
~ロングテールビジネスの構築~ と題して
株式会社ツルガの敦賀慎吾さん
自らビジネスモデルが変化するのに応じて
Salesforce を上手く使われている好事例でした

もう元には戻れない
~Salesforce で実現する社内コラボレーション
と題して、日本事務機株式会社の田中啓一さん
1,000名もの社員を抱える会社で
如何に社内ソーシャルを構築していこうとしているか?
これも非常に示唆に富む内容でした

あとひと方スピーカーがいたのですが、これはひどかった
もし、Salesforce がソーシャルメディアについて語らせたかったのであれば
例えば、Twitter であれば津田大介さん
Facebook であれば、ナンバーズの原さんなどいくつも選択肢があったでしょう
戦略においては、大企業であれ、中小企業であれ同じです
その選択肢の中で、この方を選んだのであれば
Salesforce 日本が、ソーシャル・エンタープライズを提唱しながら
クラウドは得意だが、ソーシャルは解っていないということを
はからずも、明らかにしたような人選でした
日本でのソーシャルメディアが2009年末から拡大したところに
いろんな方が、出てきたといったのが日本の現状でしょう
救いは、Salesforce が提唱しているソーシャル・エンタープライズは
日本独自のものではなく、世界でリードされていること
たとえ日本の現状がこんなものでも、何とか世界水準を保つことが出来るでしょう

思うところはいろいろありましたが
Salesforce が提唱するクラウドがスモール・ビジネスに大きな可能性をもたらす
改めて、実感しました