2005年6月25日 小網代 やまさ丸


久し振りに小網代のやまさ丸を訪ねました。

私の知る限り三浦半島、相模湾、房総で唯一10時出船の船宿です。
船長に聞いてみた所、もともと午後船だった所
冬場のイカ釣りを基準に、4時までの漁が協定され
変則的な時間になっている、 
品川方面からの車でのお客さんのことを考えると
もっと遅いほうが良いのだけれど、
それでは釣る時間が限られてしまうので
今の時間にしているとの事。

タイ五目で、城ヶ島沖をホームグランドに、
時期によって、剣崎沖、州ノ崎沖、沖の瀬、カメギ根などにも転戦します。

この日、弱い南風、干潮2時。 
船が南に向くことを考えて、コマセの流れにあわせて、
へさきに場所をとりました。

この時期、鯖が多く、船長の指示棚のハリス分を上げるでも
鯖が食ってきます。 4mの船宿の仕掛けを使っていましたが
1m下げて鯖を避けていました。

その結果、 アマダイ約700gを上げることが出来ました。
他にハナダイをあげた人もいて、鯵、カサゴ、メバルなどが混じり、
結構楽しむことが出来ました。

やまさ丸では非常に正直に釣果をネットに記載しており、
好感が持てます。 
この釣果を見ていると、この時期の状況が良く分かります。