マカオ インターネット事情


短い時間の中で、知りえた限りのマカオ・インターネット事情です。

宿泊したホリデイ・インの部屋では 電話線のジャックがありダイヤルアップと思われます。
ホームページには高速回線とうたっていますが、
現在行われている、大改革の工事のあと、2005年10月以降でしょう。

一階、グランドフロアーに臨時に設けられたビジネスセンター、1席では
おそらく1M程度の回線でしょう。 
1時間ほど使い, HK$50(JPY650)チャージされました。

マカオ南部、コロアン島のウエスティンホテルにも足を延ばしました。
ここは比較的最近出来たので、高速回線です。 各部屋で使えるか不明です。

カジノ中心街でインターネットカフェを見つけましたが
閉店していました。
現地の人の話では、小さいインターネットカフェが数多く出来たのですが
カジノ街では家賃が高く、ほとんどがつぶれたとのことです。
現在では、住宅街に規模が大きいものが、いくつか残っているとのことです。

現地の若い人は、高速回線を使用しているとのことです。
月US$30-40程度で、ADSLと思われます。

とはいえ、タクシーの初乗りが HK$10(JPY130),
カジノの警備の月給がJPY150,000(高いほうです)
30-40平方mの少し古いアパートが、月JPY40,000
と言うのが現実の生活ですので、月US$40の接続料は
世界標準ではありますが、現地の人にとっては高い出費です。

ウェスティンホテルの南端から海を望んで見ました。
べつのリゾートが見えます。
海の色では他のリゾートに負けてしまいます。
しかし、ここに続くテラスでは、恵比寿とほぼ同じブッフェがいただけます。

Macau Westin.jpg