東京証券取引所 システムダウン 世界からの信頼無くなる


まだ、北京から帰ってきたばかりで、日本の町並みに違和感が残っています。

そんな中、昨日2005年11月1日、東京証券取引所のシステムがダウンしました。
証券取引のプロではないので、なんともいえません。

しかし、東京市場がニューヨーク、ロンドンと並んで世界の3大市場というのであれば、
あまりにもお粗末であり、世界からの信頼を失う事態であると思います。
信頼を回復するのは、非常に難しい。

市場をリードしているのは、今話題になっている個人のネット取引ではなく、
それこそ世界中の投資家、機関投資家です。
この方たちの信頼こそを、回復しなければならないでしょう。

そんな実感が、欠けていると思えます。

とは言え、すでに相対的に東京市場の地位は低下しているともいえます。
上場維持にコストがかかりすぎるとして、外資系企業の幾つかは上場を止めています。

これも現実かと思います。