秋田を離れ、飯坂温泉・松島屋旅館へ 2007年5月5日 


あっという間に、今回の秋田釣行が終ってしまいました
夜半から雷交じりの雨となっています

秋田の義両親、仲間と分かれ
田沢湖、盛岡を経由して、関東を目指します
無理をすれば、行けない距離ではないのですが
首の頚椎を傷めていますので、大事をとって
休みながら、帰ります

盛岡へ向かう途中、偶然見つけたごしょ野
10割そばをいただきました
ちょっと待たされましたが、その甲斐はあったおいしいそばでした

途中で、飯坂温泉の観光協会に
源泉かけ流しの宿をいくつか紹介してもらいます
このゴールデンウィークの土曜日ではありますが
松島屋旅館さんが快く一人での宿泊を引き受けてくれました

ここの温泉、浴槽は何とも味のあるタイル張り
円形の湯船の中央の球体から、
源泉が流れ出ています
そして、お湯の温度は熱め
いい感じでした

飯坂温泉、なかなか味がある好きな温泉地です
鯖湖湯をはじめ、街中に昔からの共同浴場が9つもあります
地元の人の生活の中に温泉が根付いている
湯量の豊富な温泉です
とはいえ、これまでの栄華か、バブルの後か
営業をしていないない廃墟となった旅館、ホテルなどもあります
そんな中、共同浴場や、真摯に営業を続ける旅館などを中心に
町全体がしっとりとした、いい味が出てきています

念のため、

昔からの温泉地、特に共同浴場は
源泉がそのまま注がれているため
とても熱めになっています
湯船のお湯の温度を高めにしておくことによって
サルモネラ菌をはじめとする菌類の
繁殖を抑える昔からの知恵です

郷に入っては、郷に従え
地元の人に断りなしに、勝手に水でうめたりしないように!!