フレデリック・フォーサイス ”アフガンの男”を読む


 

フレデリック・フォーサイス Frederick Forsyth
最新小説 アフガンの男 The Afghan を読みました

フレデリック・フォーサイス 1938年8月25日生まれ
現在丁度70歳です
ジャカルの日(1971年)、オデッサファイル(1972年)
戦争の犬たち(1974年)で有名です
このアフガンの男・The Afghan、出版は2006年
日本語訳が2008年5月に出ました
2年のタイムラグがありますね

もともとストーリーテラーとして、膨大な事実取材に基づく長編を
得意とするフォーサイスです
今回の小説も、非常に読み応えがあり
しかも一気に引き込まれていく、小説の楽しさがあります

イスラム教の宗派について詳しく書き込んであるところや
なじみのある東南アジア、マレーシア、フィリピン、インドネシア
が小説の舞台のひとつになっていたりと興味が尽きません

小説、フィクションですが、
事実は、はるかに小説を越えて起こっているのでしょうね

70歳のフォーサイス、まだまだ元気のようです
普段、年齢に応じた生活、行動をと考えていますが
フォーサイスなどを見ると、年齢に関係なく
活躍している人居ることを改めて認識せざる得ませんね