初ヤマメに会えました


2009年4月4日、5日、北茨城、福島浜通り
今シーズン初めてとなる渓流釣りに行ってきました

何とか、初ヤマメに出会うことができました

2009-fishing-005

初日4日は、3時に起きて、篠さんをピックアップ、
ウダさんと高木さんのとの待ち合わせの
常磐自動車道友部サービスエリアを目指します
合流後、北茨城大北川へ向かいます

茨城県は4月1日渓流解禁
解禁後初めての土曜日、
おまけに大北川ではこの日に漁協の放流もあるとの事
行ってみると
放流ポイントには、車が10台以上
その他のポイントにも4,5台の車が数珠繋ぎになっています
これほどの車、釣師が集まっているのを見るのは初めての経験でした

ウダさん、高木さんのフライ組みは支流に入り
私と篠さんは、人の集まりをとにかく避けようと
どんどん上流に向かい、車が途切れたところで
渓流に入ります

とにかく渋い
上流部には雪も少し残り、
水温を計ってみると4℃しかありません
お昼には、ほぼあきらめムードで支流の様子を見に行きます
支流の水温は7℃から8℃
フライ組みは、支流でヤマメの顔を見れたとの事

相談の後、午後は大北川をあきらめ福島に入り
四時川の上流に入ります
ここで、イメージどおりにルアーを岩の後ろを通すことができた瞬間
今シーズン初めてのヤマメにやっと会うことができました
が、渋い状況は続き、これ以外魚の追いや魚影は確認できませんでした

翌日5日はさらに北上し、福島夏井川の本流
私以外のウダさん、篠さん、高木さんは
昨年訪れている場所です
この日は風が強く、本流でのフライは無理です
そこでフライ組みは、支流から山を越え川内村へと足を伸ばします
本流では、昨年入った場所にはすでに先客が2組
その上流で竿を出します
が、ヒットがあったものの完全に取り込むことができずにナチュラルリリース
その後下流をやりますが、芳しくありません
夕刻、最後に本流に流れ込む支流を試します
ちびヤマメの姿があり、
またルアーに逃げていくヤマメの姿が確認でき
そこそこ楽しめますが、釣果にはいたりませんでした