老眼鏡 中近距離用は失敗でした


まぁ、年代に応じてそれなりに近くを見るために
いわゆる老眼鏡が必要になってきます
極度の近視の私の場合も、
近くを見るために、遠近両用の老眼鏡を使っています

今まで使っていた眼鏡では、雑誌や書籍の細かい字が見えにくくなったので
検眼の上、近くを見るための度数を2段階上げることにしました
そこで、お店から”こんなのもありますよ”と勧められたのが、
中近距離用の眼鏡でした

が、これが全くの失敗でした

ほとんど室内で、雑誌新聞を見たりパソコンを見たりするのに
通常の近視用の眼鏡と別に、これまで遠近両用の眼鏡を使い、
外出の際には、普通の眼鏡を使っていました
そこで、室内では中近距離用の老眼鏡で十分だろうと考えたのですが、
全く違っていました

室内で、4メーター程先のテレビを見るのにも
不自由する、要するにボケて見えない状態です
これでは、室内でも眼鏡をかけなおさなければならず
生活するに不自由で仕方ありません

以前の遠近両用の眼鏡では、そういうことはありませんでした

今回の、中近距離用の老眼鏡の買い物、全く失敗でした
それぞれの近視、老眼の程度によって違うのかもしれませんが
皆さん、くれぐれも私と同じ失敗をなさらないように・・・・・