クリニャンクールの蚤の市を訪ねる


メーデーのその日、2009年5月1日
ホテルのコンセルジュがメーデー・祝日でも楽しめるところとして
”私が、パリの中で一番好きな場所、何時間居ても飽きない”
と薦めてくれたクリニャンクールの蚤の市 Les Puces de Clignancourt
にも出かけてみました

地下鉄 4号線の終点、Porte Clignancourt 駅から
高架を目指して少し歩きます
残念ながら、高架手前のテント村はお店が開かれていませんでした
が、高架を過ぎると左手に多くの露天商がひしめき合っています
今まで石作りの建物ばかり見てきましたが、
ここは、漆喰の建物ばかりで、まるで日本に戻ったかのようです

確かに複雑に入り組んだ路地には
ありとあらゆる古いものが店頭に並べてあります

paris-55 paris-54

古いものを大事にするフランス人と聞いてはいましたが、
私の目には、はっきり言ってガラクタの山
フランス人は時間をたっぷり使って、この中から、
本当に価値のあるものを見つけることに
最高の喜びを感じるのでしょうか?

審美眼が、おそらく全く違うのでしょうね
もちろん古い家具などには
それは高価で、素晴らしいものがありましたよ・・・・・

この日の最後には、年中無休でやっている
シャンゼリゼ通り近くのジャックマール・アンドレ美術館
Musee Jacquemart-Andre も訪ねました
ガイドブックには、パリでもっとも優雅な気分に浸れる、とあります
少し待ちましたが、 館内を見た後、中庭でのんびりしたりと
確かに優雅な時を過ごせました