新しいブログを立ち上げる手順 (4) WordPress のダウンロード


WordPress のダウンロード

ブログソフト・ワードプレス WordPress は
こちらからダウンロードできます
WordPress 日本語 ダウンロード

WordPress のアップロード

マニュアルに従ってダウンロードしたソフトを解凍、
サーバーにアップします
マニュアルが充実していますので、
おそらく迷うことはないでしょう

マニュアルには、独自ドメインの下にblogのフォルダーを作って
www.XXXXX.com/blog/にブログソフトを解凍するように
指示してある場合があります
が、サイトマップを Google に登録する際には
上位のサイトマップを要求されることがあり混乱します
回避するためには、ブログサイトの解凍を
ドメインの直下、www.XXXXX.com のすぐ下に置いた方が良いようです
アップロード後、デフォルトで出来上がっていた index.html を削除しておきます
実際私もこれで運営しています

WordPress では、複数のブログを管理できない
といわれる場合があります
が、実際は、ブログソフトを複数導入すれば運営できます
その際に、サイト下に blog/ とか blog2/ などのフォルダーを作って
ブログソフトをそれぞれにアップロードします
若しくは、サブドメインが使える場合は
サブドメインに対して、ブログソフトをアップロードすることになるでしょう
(こちらは、実際には試していません)
複数のブログを運営する場合にはマニュアルに従って
MySQLのデータベースを接頭語を別にし、
区別しておくことも忘れないでやって置くことです

ブログのセットアップ

タイトル・サブタイトルの決定

この部分は検索エンジンが必ず通る重要な場所です
SEO対策として、会社名や検索キーワードをしっかりと含めて決めます

ブログデザイン・テーマの選定

デフォルトでブログのデザインが3種類ほど入っています
が、いろんなブログのデザイン・テーマ Theme をネットで探し
気に入ったデザインをダウンロードしてみてください
非常に簡単にデザインの変更が可能です
最近では、全く会社のサイトに見えるデザインもあります

スパム対策

必ずコメント・トラックバックに対するスパム対策が必要です
そうでないと、スパムの攻撃を受け
訳のわからないコメントでコメント欄が見るも無残になります

まず、一つ目には、WordPress に最初からセットされている
実績のある Akismet を選択、アクティべイトします
使用には WordPress API key が必要です
が、簡単に取得できます

これに Spam Karma 2 を組み合わせて通常使用します
が、残念ながら、2009年1月1日からSpam Karma 2はサポートされてないようです

さらに、コメント投稿者にランダムな文字列を入力させる
CAPTCHAが併せて使用されることが多いようです
が、現在では WP-HashCash が有用です
コメント投稿者に余計な負担をかけません

次回は、SEO対策です