Apple iPad を考えるときに忘れてはならないこと


Apple iPad を考えるときに忘れてはいけないことがあります

すでに多くの人がスティーブ・ジョブス Steve Jobs の
アップルマジックに感染してしまっています

外出先では,これで用足りるし、電話かけられるし、3Gも使えるし、
音楽聴けるし、ビデオ見れるし、ゲームできるし
これを大きくしただけじゃない?

スクリーンだけ外して、小さくしたみたいだな

ビジネスモデルを比較してみたり、バックライトの方が読みやすいよね?

でも本当に、比較して考えなければいけないのは、上のどれでも無く

Apple iPad はボタン一つで起動し、もう、30秒、40秒も
Windowsが起動するのを待つ必要はありません

ディスプレイは、LEDバックライトの綺麗なもので
ビデオ再生や、ゲームに十分に耐えうるグラフィックカードを内蔵しています

IEEE802.11nのWifi でネットに接続できるし、
Bluetoothを備えているので、ヘッドセットなどの周辺機器も使えます
ケースによっては、3Gでネットに接続できます

バッテリーは10時間持ちます

スクリーンは、ネットサーフィンに最適な大きさですし
苦労してポインターを移動させたり、クリックしたりしてスクロールさせる必要もありません
タップし、指を滑らすだけで 思ったように快適に動きます

ネットブックに 位置情報や、加速度センサー付いていましたっけ?
購入した瞬間から140,000本のアプリケーションが使えます

なにか他に不満や、必要なことがあるとしたら
きっと世界の誰かがすぐにもアプリケーションを開発してくれます

本当に、これからの戦略をどのように立てようかと
頭を悩ましている人が、ネットブックの世界にいるでしょう
早々と、白旗を上げて他の分野でがんばるか、
同じ様な商品を開発するか
莫大な宣伝広告費を使って、
この新しい商品に消費者が気付かないように 目をそらさせるか
考えどころでしょう

それにしても、斜め後ろからの iPad の美しさ・・・・
手元の、店頭でのネットブックと、どうぞ比較してみて下さい