Ustream の新しい流れ


孫さんが、ソフトバンクの決算報告の様子を
Ustreamで流したのが2010年2月2日
この同じ日に、ソフトバンクがUstreamに資本参加する
との報道発表も行われていました

今日2010年2月4日は、FM放送、J-WAVEでDJタロー TAROさんが
自らの放送をUstreamdで流すと言う離れ業?を披露
ご本人曰く ”これ個人的にやっています” とのこと

Ustream の面白さは、映像のライブ感と
Twitter との組み合わせによる参加の実感にあります
DJタローさんが、番組内でDJミックスをやってる時などは
Twitter で参加している500名強の人は
まるでライブハウスでタロウさんのDJミックスを聴いているかのような
感覚に襲われたのではないでしょうか?

J-WAVE は、語学の壁への抵抗がない方が多いせいか(?)
初期の頃から、インターネットへの取り組みが速く
そのサイト、ブログ、インターネットでの放送の配信
そして今回のUstream など最先端への取り組みに積極的だな
との印象をずっと持っていました

さらに、Yoski さんがTwitCasting Live という
iPhone 向けのアプリケーションを2010年2月3日に
Apple AppStore に公開なさっています(無料)

Twitter しながら映像をライブ配信できる”TwitCasting”を公開しましたよ、遂に

これはTwitter しながら、ライブ配信できると言うもの
Ustream の場合、パソコンだとTwitter アカウントを使用して
ライブ映像に合わせてTwitter でつぶやけますが
公式のiPhone アプリケーション、Ustream Viewerでは
Ustream アカウントにログインして、つぶやけるだけで
Twitter との連動が取れていません

そこのところを、うまく埋めたアプリケーションです
Yoskiさんとしては、さらに ”モバイル+ソーシャル+ガシェット”と
今後の展開を考えているとのことです

Ustream、TwitCasting 共にパソコンと付属のネットカメラ、
もしくは iPhone さえあれば、特殊な機材を必要とせずに
誰でも、簡単に映像のネット配信を始める事ができ、
それを、Twitter で、他の人と共有することができます

どんどんと動きが速くなってきている実感です