Ustream の簡単な始め方(7)ーTwitter を有効に利用する


Ustream の配信を行う際には、Twitter を最大限に利用しましょう

Ustream も初期の頃には、チャット機能のみで行われていました
が、各種サービスがコネクト・結合する流れの中で
Ustream もいわゆるソシアルメディアといわれる
Twitter やFacebook など結びつくことによって
爆発的に利用者が増えてきましたし
その利用の仕方が標準化されてきた経緯があります

日本では、まだFacebook が普及していませんので
利用者が最近増えたTwitter に絞って書いておきます

Ustream においてチャットではなく、
Twitter を有効利用するのには、4つのメリットが考えられます

①視聴者がどんどん増えていく

コメントが、Twiter で入れられると、そのコメントに
Ustream のアドレスが自動的に入っていきます
その方のタイムラインにコメントが表示されますので
それを観て、”何やっているんだろう”と視聴者が増えていきます
時間の経過とともに増えていきますので
配信の際には、重要な内容の配信は最初や前半ではなく
後半や最期に持っていくといったテクニックも考えられています

②コメントを一括して記録しておくことができる

ハッシュタグを設定しておけば、様々な人からのコメントを記録でき、
配信終了後も確認できます
Ustream 上のコメントは配信終了後再確認が難しいのですが
配信を離れた時間でも、ハッシュタグを使って
告知やさまざまな議論が可能となります
設定としては、@を使ってTwitter の特定アカウントへの
返信といった形をとることも可能です
が、特定の話題に対する記録といった点では
ハッシュタグがお薦めです
これは、配信のたびに、変更可能です

③多くの人がコメントを残せる

まだ圧倒的にUstream のアカウントを持っている人は
Twitter のユーザーに比べて少ないのが現状です
Twitter をデフォルトに設定しておけば
多くのTwitter ユーザーがコメントを残すことができます

④簡単にコメントを残せる

Twitter のユーザーであれば、コメント欄上部で
Twitter ID とパスワードを入力することによって
簡単にコメントを残すことができます
サービスの結合が、解りやすく簡単にできるようになっています

以下のように設定しておけけばよいでしょう

Usatream にログインした後で
①Your Shows をクリック
②Advanced をクリックします
③Display Social stream の Yes を選択
④ここで、タグを設定する場合には、Twitter Hashtag を選択し
一度、右下のSave Changes をクリックすると
右側に#の印が現れます
そこで、任意のタグを入力しておきます
現在、日本語のタグは、検索の対象になっていませんので
アルファベットで入力します
事前に、Twitter の検索を利用して
使おうと思っているハッシュタグがすでに利用されていないか
確認しておく必要があります
⑤ ここはUstream のページが開かれたときに
最初にどのようなチャットを表示するかを設定するところです
Twitter を最初に表示させるように
Social Stream を選択、クリックしておきます

最期に改めて、右下のSave Changes を忘れずにクリックして
設定した内容を保存しておきます