Ustream の簡単なはじめ方(9) カメラ再び


Ustream には様々なアプローチがあります
Juns さんのように最高品質のビデオ配信を目指すのもひとつですし、
Apple Mac からの配信も一つですね

様々な電子機器分野で技術革新が進んでいる現状で
普通のWindows パソコンから
Ustream にアプローチ
するのが一般的でしょう

Windows パソコンとカメラの関係について
最適な記述はこれではないでしょうか
ビデオのインポートに使用できる
デジタルビデオカメラと接続の種類

パソコンからビデオカメラへの接続としては、まずIEEE1394です
が、この接続方式、ビデオテープや
デジタル・ミニ・ビデオ・ディスクでの記録方式に採用されていたようで
2008年11月以降、ビデオカメラに採用されていません

アメリカでの記事ですが、2008年には
ハードディスク記録でもIEEE1394に対応していたのですが
それ以降ビデオカメラはIEEE1394に対応しておらず
HDMI接続に移行しいます)

たまたま手元にあった10年以上前のビデオカメラ
ソニーのハンディカムDCR-PC1
ミニ・ビデオ・カセットを入れて使用するタイプで
IEEE1394接続ができるタイプです

数年前、アナログ・ビデオキャプチャーに挑戦したことがありますが
あまりにも時間がかかり、諦めました

パソコンの性能が飛躍的に向上した現在(CPUがクアッドコア)、
カメラとパソコンをIEEE1394でデジタル接続してみると
あまりにも簡単に、短時間に、ストレスなしで
テープのビデオ画像がパソコンに取り込め驚いてしまいました

が、残念なことに画像の品質は
標準画質720X480ピクセルで、HDには対応していません
(考えて見れば、ビデオカメラや、Ustream, Youtube がHD対応したのは
つい昨年2009年でしょうか?)

Ustream での配信は、パソコンの性能と
ビデオカメラの性能を最適にバランスを取る必要があります

パソコンの性能が限られているのであれば
無理してHD映像にこだわるよりも
この標準、720X480でも十分に使えるかもしれません

もうひとつのUSB接続
Webカメラでは、このUSB接続が一般的になっています
パソコンにWebカメラのライブ映像を簡単に取り込めます
Webカメラでも1280X720ピクセル、HD対応のものもあります

が、いわゆるビデオカメラのUSB接続は
パソコン側がビデオカメラをメガ・ストレージと認識し
すでに録画してあるファイルを転送するだけです
(これとて、素人考えですが
パソコン用のビデオカメラのドライバーが
カメラの状態に応じて、ライブストリーミングできるように
なっていれば良いのではないかと思うのですが
このあたりまだ実際、知識不足です)

ビデオカメラがUSB接続に対応してくれて
自由にUstream のカメラとして使えるようになればいいですね

ビデオカメラのもうひとつの出力方式であるHDMI、
これをパソコンに取り込むやり方として
HDMI –>IEEE1394用の
HDMI入力搭載ハイビジョンコンバータ
を使用する方法があります
現在いくつかの製品が出てきました

が、私の場合新たにコンバーターを追加しようとはまだ考えていません
なるべくシンプルな構成で行きたいと考えています