シンガポールとカジノ


ラスベガスを本拠にするカジノ、サンズ Sands
2005年の段階でシッカリとマカオで成功を収めています
マカオ政府が2001年にカジノ経営を外資に開放し
この成功を機に、同じくラスベガスのベネチアンが
マカオにカジノの建設を進めていました

当時、マカオ、韓国、マレーシア、テニアン島に続く
東南アジアでのカジノがどこにできるか?
話題になっていました

最初に手を上げたのはフィリピン

シンガポールは2005年に合法化
2010年2月にセントーサ島にカジノができ
2010年4月にマリーナ・ベイ・サンズがオープン
現在2つのカジノが営業しています


(3棟のホテルの手前
一番左がミュージアムとシアター
真中のドームがカジノ
右のドームがサンズ・エクスポ・コンベンション・センター)

”政府が国民に意見を聞いたとき
国民はカジノに反対したんだけど
あっという間にカジノを合法化し
2つもカジノが出来てしまった”
とタクシーの運転手

カジノ目当ての観光客が増えて良いでしょう、と聞いても
”カジノの利益は、カジノのオーナーと
政府にはいって、庶民には関係ないね”
とつれない返事でした

マリーナ・ベイ・サンズの奥に、さらに埋立地が広がっていて
”何が出来るんだろう?” と興味がありましたが
”植物園(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)”
とタクシーの運転手が教えてくれました

さらに南には世界最大級の豪華客船も
停泊可能なクルーズ・ターミナルが
2011年末までにオープンします
クルーズ・ハブ・シンガポールとしての魅力を
さらに高めるとのことです

おまけ:

今回の旅行を計画していて目に止まったのですが
シンガポール・チャンギ国際空港
これ自体ターミナルビルが3つあって巨大なのですが
さらに沖には、このチャンギ空港が
すっぽりはいってしまうような埋立地が完成しています
さて、どういう展開になるんでしょう?