シンガポール・セントーサ島、Sentosa ユニバーサル・スタジオ


2011年5月28日、シンガポールのセントーサ島に
ユニバーサル・スタジオがグランド・オープンしています
(2010年3月にソフト・オープン)

セントーサ島のどこに作ったんだろうと思いながら
1日遊ぶつもりでユニバーサル・スタジオを訪ねました

記憶の中でのセントーサ島は緑が多く
セントーサ・リゾート・アンド・スパというホテルが
1軒在っただけの島でした
このホテルで、一度会議を開いたこともあります

行ってみて、驚きました
昔の緑が深いイメージはそのまま残っていますが
島全体が、レジャーランドとして開発され尽くしていました
2002年から開発が開始されたとのことです

一番情報がしっかりしているのが
セントーサ島のオフィシャル・サイト
これ以外の情報は最新情報までフォローできず
混乱しています

ヨットハーバーと住宅
2つのゴルフ場
11のホテル
数多くのアトラクション、等々です
ユニバーサル・スタジオは
リゾート・ワールド・セントーサ Resort World Sntosa
このエリアの一部となっています

私たちは市内を走っている
セントーサ・ライダー、Sentosa rider で
セントーサ島へ入りました
これ以外に、ケーブルカーやモノレールも
準備されています

橋の手前にも
St James Power Station、発電所跡のクラブ・バー
Vivo City ショッピング・モール、があります

橋を渡って右手に入ると
そこは驚くほど巨大な地下の駐車場になっています

ここに、タクシー、公共バス、観光バスなどがすべて入ります
ユニバーサル・スタジオ、カジノの案内板に従って
中央のエスカレーターを登って後ろを振り向くと
ユニバーサル・スタジオの入り口がありました

混んでいるときには当日券が買えない、との話もあり
事前に電話でチケットを予約、
念の為に当日並ばなくてもすむエキスプレス・パスも買っておきました
クレジット・カードで決済後
メールで電子チケットを送ってくれます
電子チケットには、バーコードが入っていて
プリント・アウトをゲートで見せれば、そのまま入れます

多くの若い人、家族連れがアトラクションを楽しんでいました
現在18のアトラクションが稼働しています

The Lost World エリアのウォーター・ワールド WaterWorld
ショウの時間が午後には1時、4時となっていて
残念ながら、タイミングが合わずに見ることができませんでした
時間の確認が必要ですね


セントーサ島の終点、ビーチ・ステーションまで
足を伸ばしてみました

無料のトラムが走っていたり
地元の中学生のグループが遠足に来たりしています
また、アトラクションも幾つか用意されています

最初の駐車場から、驚きの連続でした
帰りは、タクシーでホテルに向かいました