アフィリエイトのバナーを表示する


サイトの右側にアフィリエイトのバナーを表示しました
みんな私自身が気に入っているところです

サイドバー・ウィジェット SidebarWidgets テキスト・ボックス
各々の会社から配布されるスクリプトを貼り付ければ
表示されるようになります

以前バナーが表示されないと記事を書いていますが
その後で、バリューコマースA8に確認してもらったところ
私の環境で、表示されないだけであって、
他の環境では問題なく表示されているとのことでした
私の認識の誤りでしたので、お詫び、訂正させていただきます

現在、Windows Vista インターネット・エクスポーラー7.0を使用していますが、
主にWindows Vista の設定によって、
特定のスクリプトが表示されない、と言うことが起こっています
調べて見なければいけないのですが、
現在の所、まだ解決されていません
厄介なことに、たまに表示されたりするので、
ますます分かりません

WordPress 2.2 に Google AdSense を貼り付ける


以前 Movable Type でやっていたように
Google AdSense の広告を貼り付けて見ます
広告のクリック期待と言うよりも、
Google がどのような広告を送ってくるかに興味があります

WordPress 2.2 対応のプラグインには適当なものがないようですので
本家プラグインのもっともポピュラーなプラグインの中から、
Adsense Manager を選んで見ました

いつものように、ダウンロード、解凍、プラグインフォルダーへのアップロード、
有効化を行います
次に、管理画面の各種設定のAdSense Manager で、
Google AdSence のアカウントナンバーを入力します
その後、管理の中のAds で広告の細かい設定が出来ます
色の設定など、なれないと難しいかもしれませんが
Google AdSense での設定などを参考にすれば何とかなるかと思います

困ったのは、”テンプレートか、ポスト/ページに、一行書き込んでください”
としてある点です
ポスト・ファイルを探したのですが、
私のテーマ・ブログデザインの中では、ちょっと見つかりません

十六夜さんのブログで、テキストを好きな場所に表示するプラグインが
紹介してあった記憶がありましたので調べてみます
Moose Candyですが、調べて見ると
MooseCandy for WordPress 2.0+ となって
更に、これが ポストの前のみに、テキストを表示するものであったので、
いろんな場所が指定できるように改良された
WPCandy が提供されていました

これを利用し、先ほどAdSense Manager で指定された一行を
好きな所に表示・挿入します
私のテーマでは、挿入場所として効くところ、効かない所がありますが、
ポストの後に入れられますので、これで良しとします

WordPress 2.2 プラグイン・過去の記事の一覧を表示する

少し記事が多くなってくると、
自分の確認のためにも過去の記事の一覧が欲しくなります

他の人のブログを読んで気に入った場合でも、
他にどんな記事を書いているのか、カテゴリーを見てみますが
1個1個カテゴリーを開くのも面倒なものです
カテゴリー毎の記事の一覧があれば、
その人の書いた記事のタイトルを確認できます

技術には詳しくありませんでしたので
Mobvable Type を利用しているときには、
わざわざ人に頼んで、作ってもらっていました

WordPress には、いくつかのサイトマップ用のプラグインがありますが
カテゴリー毎の表示が出来る丁度ぴったりなのが
Dragon Design さんの Sitemap Generator for WordPressです

いつもどおり、ダウンロード、解凍、プラグインへのコピーの後、
指定の通りに、表示させようとするページにコードを入れましたが、
表示されません
文字コードが違うのかななどと余計な事を考えながらいろいろやった後、
管理画面をログアウトし、ページを表示させて見ると
ちゃんと表示されていました

WordPress 2.2 プラグイン ページナビを入れる

私が現在使用しているテーマに限ったことかもしれませんが、
管理パネルで記事の表示数を設定すると
それ以上記事が在るカテゴリーなどで記事が表示されなくて
困っていました

DesignWalker さんでWordPress で使えるプラグイン9つとして
WP-PageNavi が紹介されています
デザインもなかなかしゃれていますので、早速入れて見ました

ダウンロードして、解凍後、プラグインのファイルにアップロードし
有効化するだけで良いのかと思っていましたが、
ちょっと、分かりにくかったのですが
更に1行をFooter.php に書き加えなければなりません
(Read me ファイルの Usage タグの所に書いてあります)

最初は <div id=”footer”></div>の間に入れていたのですが
なかなかうまくいきません
ふと、その前にいれて見ると、良い感じで表示されました
改行の<br>を前後にいくつか入れながら調整します
WordPress の良い所は、こんな調整を再構築なくすぐに確認出来ます

WordPress 2.2 プラグイン 文字の大きさを変える 設置の仕方

忘れないうちに、ブログの文字の大きさを変えるプラグインの
設置の仕方を書きとめておきます

プラグインは、SEO Alt Tag Optimizer & Font Resizer tool
ブラウザーの設定を変えることなく
サイトを訪れてくれた方が、好きな文字の大きさを選べます
また、画像イメージにAltタグを付けることによって、
SEO対策にもなっているようです

設置の仕方は

1.圧縮ファイルをダウンロードし、ローカルPCに解凍します

2.サーバー上の /wp-content/plugins フォルダーの中に
‘seo-alt-tag-optimiser’ と言う新しいフォルダーを作ります

3.’seo-alt-tag-optimizer.php’ ファイルをこのフォルダーにコピーします

4.’font-text-resizer.js’ ファウルをこのフォルダー、もしくは
/wp-includes/js/ のようなジャバ・スクリプト・フォルダーにコピーします

5.現在使用しているテンプレートのイメージのサブフォルダー
(/wp-contents/themes/今使っているテーマ/images/)に、
3つのJPGファイルをコピーします

6.font-text-resizer.jp のジャバスクリプトファイルを参照する1行
(header.txtを参考に見てください)を header.php に書き加えてください

7.ウェブサイトの何処にフォント・変更・ツールを置くか決め
(例えば、ヘッダー部分、サイドバー部分、フッター部分など)、
プラグインを呼び出す1行をその関連ファイル
(header.php, もしくは sidebar.php, もしくは footer.php) に書き加えます
 ー 選んだPHPファイルに1行加えるだけです。 
(header.txt, sidebar.txt, footer.txt, それぞれのテキスト・ファイルに
分かりやすいサンプルが付いています)

8.最後に、WorPressの管理パネルで、SEO tag Optimizer プラグインを有効にします
9.これで、ウェブサイトでこのプラグインをテストできます