モバイル・ファースト Mobile First


最近では2013年3月1日、IBM の新戦略として、この「モバイル・ファースト」が取り上げられています。

IBM のモバイル・ファースト戦略は、単にモバイルを優先するだけのものではない。 つまり IBM は、クラウドとデータ、そしてソーシャル・ネットワークのリアルタイム性をエンドユーザーに提供していく、数多くの企業のための IT インフラ全体を、作り直そうとしているのだ。

Agile Cat – in the cloud 「IBM のMobile ファースト宣言:それはCloud ファーストを意味する」から引用

「Customer Company 」を提唱しているSalesforce のCEO マーク・ベニオフが示唆を受けたのが、実は2012年夏に行われたIBM のフォーチュン400の企業経営者に対して行われた調査です。 そしてそのIBM がこのMobile First 戦略を打ち出してきたところに、一連の流れを感じます。

私が「Mobile First」 を目にしたのは、WordPress のレスポンシブ・ウェブデザインである、Twenty Twelve のテーマの解説で、このデザインが、どんなモバイル端末からでも最適にアクセスできるレスポンシブ・ウェブデザインであるとともに、「モバイル・ファースト」のデザインである、との記述でした。  WordPress では既に2010年の9月に発表したTwenty Ten からレスポンシブ・ウェブデザインを採用しており、この時はまだ従来のサイトデザイン、サイドバーを色濃く残していました。 次のTwenty Eleven では、サイドバー無しが全面に出てきており、一見Tumblr 的なデザインに見えていました。 そしてこの「モバイル・ファースト」のTwenty Twelve では、全てがモバイルに最優先で最適化されていることを感じることが出来るデザインになっています。

さらに、この「Mobile First」 の概念、最初に提唱したのは、Google 会長のカール・シュミットのようです。  もちろんこれは開発のプラットホームとして、モバイルが最優先して考えられるべきだといった意味になっています。

1.クラウド 2.SNS 3.モバイル を社会の動きを理解する基礎に据えて考えると共に、その優先順位としては、これから何を考えるにしても「モバイル・ファースト Mobile First」で考えていく、それが大きな流れであるし、そうでなければこれからの変化を捉えられない、と考えておいたほうがよさそうです。

ソーシャルメディアとブランドに関する10の統計グラフ


SEO Japanさんの記事です。 英語圏のソーシャルメディを様々な切り口から眺めていて、日本のソーシャルメディを考える際にも大変参考になる記事です。

ソーシャルメディアとブランドに関する10の統計グラフ

WordPress 3.5 がリリースされました

WordPress 3.5

2012年12月11日「Elvin」と名付けられたブログソフトウェアーWordPress の最新版がリリースされました。 WordPress 3.5 に変わったからといって、このブログの見え方に大きな変化が起こるわけでもなく、感心のない方には、どうでもいいことでしょう。

WordPress 3.5
WordPress 3.5 リリース

とは言え、WordPress が最新版にアップデートされるたびにその最先端の息吹を感じることができます。 今現在なにが重視されているのかを前提として、これから先どの様な方向性で進もうとしているのかが感じ取れます。

WordPress 3.5 の特徴

一つ目は、写真のアップロードとギャラリーの作成です。 ネットでのコミュニケーションに於いてイメージ・写真が大きな役割を負っているのが分かります。 2つ目は今回デフォルトとして採用されているテーマ・Twenty Twelve 2012 です。

レスポンシブ・ウェブデザインとしてのTwenty Twelve の特徴

このブログではWordPress.org でダウンロードできた段階で一足早く採用しています。 リテナ・Ritina デスプレイにも対応した新しいフォントと相まって、iPhone, iPad を始めとするモバイル・デバイスに最適化されて表示できるようになっています。 ほとんどデフォルトで使用してみた感想ですが、このテーマではモバイルでの表示、操作性が最優先に考えられており、時代が確実にモバイル・デバイスに移っているのが感じ取れます。 もうPCサイトから、物事を考えるのではなく、モバイルデバイスでどれだけ快適なユーザー体験を提供できるかを考える必要があるのを実感します。 大きく時代が変わっています。

本当に毎回大きなアップデートを提供してくれるWordPress の開発者の方々に改めて感謝します。

WP Twenty Twelve 2012 ホームページ・テンプレートの使い方

WordPress の新しいテーマ、Twenty Twelve 2012を使い始めて、やっと落ち着いて来ました。  このテーマの大きな特徴に、「紹介ページを丁寧に作りたい」との要望に答えるために用意された、ホームページ・テンプレート Homepage Template があります。 が、最初どのように使うのか? これまでのページの属性だろうと言うのは容易に想像がつきますが、その使い方を迷いました。

WordPress.com のサポートにPages>Front Pageとして解説があります。

Setting up a Static Front Page

By default the front page (“Home”) of your WordPress.com blog will display your latest posts. You can change this so readers see a static page instead, and can view your posts on a different page.

  1. Click Pages -> Add New in your Dashboard.
  2. Title this page “Home” (you can, of course, name it whatever you like).
  3. Type the content you want displayed on the front page of your blog and publish it.
  4. Write another new page.
  5. Title this page “Posts” (Or “blog” if you want sitename.com/blog)
  6. You don’t need to type content, because it won’t be displayed. Publish the page.
  7. Click Settings -> Reading on the left menu in your Dashboard.
  8. You will see the following options. Set yours to look like this:
固定的なフロントページのセットアップ
ブログのフロント・ページ(「ホーム・Home」)をデフォルトにすることによって、最新の記事を表示すこともできます。  それに替えて、固定的なページを読者に見せるように変更することもでき、記事は他のページで見れるようにできます。
1. 管理画面で、ページをクリック>新規作成
2. このページのタイトルを「Home」とします(もちろん、お好きな名前にできます)
3. ブログのフロントページに表示したい内容を記入し、公開します
4. 別のページを作成します
5. このページのタイトルを「投稿・Posts」(もしくはSitename.com/blog としたければ「ブログ・blog」とします)
6.  表示されませんので、内容を記入する必要はありません。 このページを公開します
7. 管理画面の左側の設定>表示設定をクリック
8. 次のようなオプションがあります。  設定を以下のようにセットします
 
After making these changes, posts will no longer show on the front page of your blog. The static page “Home” will show there. Visitors will need to click on the link to “Posts” page to see your posts. 
このように変更した後は、投稿はブログのフロントページには表れません。  固定的なページ「Home」がそこに表示されます。  訪問者は、投稿を見るためには「Posts」ページへのリンクをクリックする必要があります。
これによって、訪問者が最初に訪れるであろう、固定的な(静的な)フロントページを、ブログの投稿と全く別に作成することが出来るようになっています。

そして、Twenty Twelve に用意されているWedgetsのFirst Front Page Widgets Area とSecond Front Page Widgets Area は、このHome Page が、Template>Front Page Template で作成されていた場合にのみ、この固定的なフロントページの下の部分に、1コラムもしくは2コラムとして表示されることになります。  上の「投稿」のテンプレート属性をFront Page Template に変えてみましたが、投稿記事の下にこのWidgets が表示される事はありませんでした。

モバイル優先レイアウトを採用していることによって、考え方としては、これまでFooter として、いつでも表示されていた最下部の表示は、モバイルには不要であって、唯一フロントページにのみ表示されるとされているのでしょう。  これはこれで、一つの考え方かと思います。

Twenty Twelve 2012 に変更しました

ブログサイトをWordPress の Twenty Twelve 2012 に変えてみました。  第一印象はあまりにもシンプルで、これでいいかいな? との思いはあります。  サイドバーを付けたい思いに支配されますが、ここはじっと我慢。  また、特徴の1つであるホームページテンプレートの使い方にも工夫がいることでしょう。  細かいレポートは、別記事で行いますが、しばらくこのままいじって見ることにします。