サイパンでトローリング マヒマヒとバラクーダを釣る


今朝5時起きで、トローリングをやってきました。

キャプテン・ビンセント(Vicent)の船を、小さいながら程よい値段でチャーターできましたので、決行です。
場所は、サイパン島北西、マニャガハ島(Managaha)の北側。
少し風があり、ウサギが少々飛び跳ねる(白い波頭がくだける)状況です。
少々きつめのコンデションでした。

釣果は、マヒマヒ(シイラ)3匹、バラクーダ?1匹、カツオ7匹でした。
すべてリーリングさせてくれますので、4時間とはいえ、体力は消耗しました。
10時30分近くに、浜に上がりました。

右の大きいやつ、キャプテンが現地語で何とかといっていましたが、忘れました。
刺身にすると旨いと言っていました。 たぶんバラクーダ?

2006 0223 Fishing Saipan 006R.jpg

グアム経由でサイパンへ


2006年2月16日, 17時15分のコンチネンタルで、成田からまずはグアムへ。

JALがサイパン線の就航を取りやめたので、
ノースウェストコンチネンタルの選択になります。
サイパンへの直行便が込んでいましたので、グアム経由となりました。
21時30分ごろ到着。
グアムからサイパンへの乗り継ぎは、17日午前2時20分とかなり時間が空きました。
グアムの入管は混んでいませんでしたので、1便前でも良かったかもしれません。
しかし、乗り継ぎ時間はほぼ1時間しかありませんでした。

空港内のカフェもすべて営業を終了していました。

タクシーのドライバーに近くのバーまで連れて行ってくれと頼んだところ、
フィリピン人のドライバーは、最初はフィリピン・カラオケはどうかと言っていました。
最終的には、以前来たことのあるマリオット・ホテル近くの
タイ・レストランのバーに、ここが安くていいと連れて行ってくれました。

2004年にグアムに来たときには、このタイ・レストラン近くの第一ホテルは、
廃墟となっていました。
昨年2005年10月からフィエスタ・ホテルとして、リニューアル、営業を再開しています。

12時過ぎに空港へ戻ると、DFSなどが営業しています。
12時から翌朝8時までの営業シフトとのこと。
サイパン到着は、2月17日午前3時30分頃となりました。
グアムから乗ったコンチネンタルです。

2006 0216  Tenian 003.jpg

この時間でのグアム到着でしたら、無理にサイパンへ行かずグアムで一泊し
翌日、いい時間帯の飛行機でサイパンへ向かったほうが良さそうです。

やっとネットに結がる環境になりました

やっとインターネットに結がる環境になりました。

所用でサイパン島からセスナで10分のテニアン島に行っていました。
そこでのホテルでは、モデムによるダイアルアップの設備しかなく、ネット接続を断念していました。

数年前までは、海外に出るといえば、モデムと、電話機用ジャック、
それに海外ローミングサービスのあるISPとの契約を準備していました。
世界の標準が、ホテル内LANサービスに移るにつれて、
LANケーブルのみを持って出かけています。
もちろん、ネット接続が無料か、ある程度の料金を取られるかもお国事情や、
ホテルのスタンスによって様々ではありますが。

今、テニアン島から、サイパン島に移動し、無料のホテル内LANにより、やっとネットに結がりました。