香港セントラルのチャイナクラブに行く


機会があって、今回香港・セントラルにある
チャイナ・クラブで食事をすることになりました

まず、良かったのはサービス
会食を、まったくわずらわせられることなく
快適なサービスをしてくれます

料理は洗練されており、
最初に出てきた、しいたけのスープなど
会食参加者全員が、”美味しい”と唸ってしまいました
その後に続く料理も美味しくいただけました

会食が終わって、テラスへ移動したのですが
そこには、おそらく香港・セントラルで働く
金融業界の方が集まっているのでしょう
非常に良い感じで込み合っており
皆さん、手に手にグラスを持ちながら
談笑しています
外気に触れながら、
香港セントラルの夜景を独り占め、といった感じです

後ほど調べてみると、
香港セントラルのチャイナ・クラブ
香港で一番格式のあるクラブだそうです
年会費は、およそ2百数十万円だとか
セントラルの金融外資系会社などが
おそらく会員になっているものと思われます
(後ほど、写真などアップします)

上海から香港に移動しました


上海から香港に移動してきました

上海の滞在は短かったのですが、
その印象は、ずいぶんと上海の人が小奇麗になったな
といった感じです
上海を初めて訪れた方も
日本にいるかのようで、違和感が無い
と感想をもらしていました

上海をはじめとする中国の香港化が進んでいると
感じています
が、さすがに香港に来ると本家の実力を感じます
町はきれいで、洗練されています
実力的には、すでに日本を追い越している
といったところでしょうか

北京語、広東語、英語を話す人材が多いといった理由で
中国とのビジネスやアジアの活動の拠点を
香港からシンガポールに移す企業がある
との話が聞こえてきました
法人税は香港のほうが低いとの事ですが、
香港は広東語ですので、
そんな見方もあるのかと言ったところです

上海 車が増えています

昨日、2007年11月12日から上海に来ています
夕刻着き、空港から今回宿泊する
静安寺近くのヒルトンホテルに移動したのですが
今年1月に比べても、
車の数が確実に増えているように感じます
中心部の片道3車線の高速道路が車で一杯といった感じで
やっと何とか流れているといった様子です

今回話の種にと
空港から、リニアモーターカーに乗ってみました
室内に速度計が表示されており
数分間300kmを超えて走行しています
走行時の揺れの少なさや騒音の低さには驚きました
が、乗っている時間は10分足らずです
着く場所も上海の東部、龍陽路駅、
そこから、荷物を持って地下鉄で移動するのも大変ですので
タクシーでの移動になってしまいます
なんとも、実用性には欠けているのが現実です
(後で調べたら、最高時速は430kmとの事)