ダッチオーブン 鳥の丸焼き スタッフド チキン


2005年7月2日、10年来の友人総勢7名で
福島フォレストパーク安達太良にオートキャンプに行ってきました。

目的は ダッチオーブンを使った鳥の丸焼き、スタッフドチキンです。

今回7名なので、 2600gのチキンを調達しましたが、
結論的には少し大きかった。

12インチのオーブンでも背中のの部分が少し蓋に当たってしまいました。

又、レシピ的には、これだけ大きいと、10分前の塩コショウは、
まさにすり込むというのが正解でしょう。

鳥も大きいですし、テント張りなどで汗もかいていますので、
単純に塩コショウをする、のではなく、まさにすり込んでください

1400gから2000g程度が、ダッチオーブンにはちょうど良いかもしれません。

2005 0702 Forest Park 002.jpg
2005 0702 Forest Park 007.jpg

でも、大変美味しく、大好評でした。

時期的にとうもろこしも出始めましたので、皮付きで焼きましたが、
これもも甘くて大変美味しかった。

2005 0702 Forest Park 016.jpg

さらに、友人Iさんが作ってくれたサバの燻製(写真)も、
その他の、レバー、チーズ、ソーセージの燻製も大変美味しかった。

2005 0702 Forest Park 010.jpg

ダッチオーブン ケース


ダッチオーブン ナチュラムが頑張っていますの続きです。

ケース/バッグのみが ナチュラムで品切れ、入荷待ちでしたので、
東急ハンズ渋谷店ならあるかと訪ねました。

店員に聞いてみたところ、
12インチのLodgeのケースという商品はありません。
アメリカのサイトではあるんですけど? との会話の後
店員 2人がかりで、カタログを手に納入業者、販売店に
すぐに電話をかけ始めました。

東急ハンズの強さは、このような店員の商品に対する知識取得
の姿勢だなと実感しました。

まもなく、 Lodgeの国内輸入はある大手商社が行っているが、
このケースは現在輸入していないということが分かりました。  
理由は分かりませんが。

やはり、ブランドとして人に見えるケースでもありますので、
ひとつアメリカから取り寄せようと思います。
価格も、$23.95ですので 少々配達料がかかっても、
日本の変なバッグより良いでしょう。

ダッチオーブン シーズニング

ダッチオーブン届きました。 ナチュラムに拍手の続きです。

アメリカ的には、ワックスをお湯で洗い流し、
植物油を塗ってオーブンで1時間以上焼く、
というきわめてシンプルなシーズニングですが

オーブンが一般的でない日本ではこの方法は採れません。

ネットで色々読んで見ましたがこれといったのは在りませんでしたので、
色々とミックスでやってみます。

とにかく実行です。

1)ワックス取り

お湯を使い、また台所の中性洗剤を使いながら、ゴシゴシとやってみました。
茶色のワックスが落ちていきます。 2度ほどで、茶色の色はほとんどでなくなりました。

2)オリーブオイルを染み込ませます

家のベランダでやることにしました。
コールマンのマルチクッキングスタンドを使いますが、
ベランダの防水用のアスファルトが溶ける可能性があるので、
キャンプ用のテーブルの上で、ダンボールの簡単な風除けを作り行いました。 
最初に、ダッチオーブンでお湯を沸かして最後のワックスをとろうと思いましたが、
意外とお湯が沸くのに時間がかかりました。 
又お湯が入っているすぐ上にオレンジのワックスがはっきり浮き出てきました。 
結局、オリーブオイルを多めに塗って、その油と一緒にタオルやキッチンタオルでふき取っていく作業になりました。 
お湯を沸かすというのは良い行程かなと思っていましたが、効果は疑問です。

オウトドアー用の皮の手袋は必需品でした。 
これがあれば少々の温度のダッチを手で取り扱うことが出来ます。 
又、油も気になりませんので、キッチンタオルでどんどん拭けます。

マンションですので、煙が出るのはなるべく避けようと、
最初は煙が出始めたら、そのつど冷ましていましたが、
いっこうに色は付きません。 
これでも良いのかもしれませんが、
最後は豪快にどんどん煙を出すことになりました。 
これで色が付きました。

3) 野菜による、鉄のにおい取り

省略しようと思っていましたが、 結構タオルのかすなどが残っていましたので
冷蔵庫の残り野菜の中で、適当なものを油を加えて焼きました。

これで終了です。

このまま玉ねぎの丸焼きを作りました。 おいしい。

今後の手入れが大事で、手入れしだいで、綺麗なブラックポットになるでしょう。
 

ダッチオーブン届きました。 ナチュラムに拍手

昨日、ナチュラムから待望のダッチオーブン、他が届きました。

ナチュラムのロゴの入ったダンボールに丁寧に梱包されてあり、
好感がもてました。

ちょっと笑ってしまったのは、期待通りに
ダッチオーブンはUSの英文パッケージそのままでした。

$69.95(約7,700円、$110円として)のUS価格のダッチオーブンを
日本のマーケットで良心的な価格で販売するナチュラムの姿勢に
大きな拍手を送りたいと思います。

さて、次はシーズニングです。

ダッチオーブン ナチュラム が頑張っています 

ダッチオーブン ロッジ 12インチ $69.95 の続きです。

日本の価格をざっとネットで調べてみると
8,870円から12,740円程度でした。

ナチュラムアウトドアマーケットが頑張って
8,800円台の価格を提供しています。
ほぼ世界価格、アメリカ価格に十分近いものです。

ナチュラムで必要なものを考えて見ます。

オーブン以外に

1) ケース/バッグ
2) リッド/リフター、ふたを持ち上げます。

ここまでは、Lodge で揃えようと思います。

ここからは、Lodge にこだわらずに揃えます。

3) スタンド、 調理時、蓋やオーブンを置きます。
4) マルチクッキングスタンド、 炭を前提に使いやすい。 コールマン製。
5) ネット、 料理の焦げ付きを防ぎます。

この他に、 皮製手袋、長めの物が安全です。 
トング、料理を挟んだりします、などが必要ですが、
適宜揃えていけばよいでしょう。