北茨城・平潟港(平潟町)でどぶ汁(あんこう鍋)を食べる


2009-fishing-008

今回の釣行、北茨城で民宿で一泊しました
この時期の最低気温は5℃近くまで下がります
山間のキャンプ上ではさらに下がり
釣以外に余計に体力を使う事になってしまいます

今回はどぶ汁(あんこう鍋)で有名な平潟港の民宿
港の宿 ”かんき” さんにお世話になりました

きれいに言うと、茨城県は
あんこう鍋のマーケティングに成功しています
特に、北茨城の平潟港・平潟町はどぶ汁(あんこう鍋)で有名になっています
地元としては、なんとか町を活性化しようと
これまで必死にがんばってこられた結果でしょうが
確実に、北茨城・あんこう鍋の知名度が上がっています

本来あん肝が好きな私自身も
猟師料理だったあんこうのどぶ汁を一度は地元で食べてみたいと思っていました

写真には、あんこうの肝の赤い油が浮いているのが見えます
が、味噌と合わさったその味は意外とあっさりとしています
いろんなあんこうの部位が見えますね
東京などの有名店であんこう鍋を食べても
あまり身の部分が入っていた印象はないのですが
ここでは、あんこうの身の部分がたくさん入っています
それが白身で、適度に締まりながらふっくらしていて
まるでふぐの身を食べているような感じです
これは気に入りました

2009-fishing-010

こちらの写真の今回の夕食には
あんこうのともず和えが添えられていました(左手前)
すでにⅰ,2個食べてしまっていますが、
身と煮こごり風のあんこうを、肝をあわせた酢味噌でいただきます
これも美味しかった

食事の量はどぶ汁と合わせて食べきれないくらいありました
お願いすると、快く引き受けてもらい、
翌朝朝食時にどぶ汁でおじやを作ってもらいました

この民宿 港の宿 かんき さん
3階部分にお風呂が造ってあり、港の目の前で景色もよく
小奇麗なお風呂に源泉の掛け流しです
布団の上げ下ろしもやってくれるし
タオル、歯ブラシ、浴衣も付いています
全体的に、非常に満足度の高い一泊でした

河津桜が満開・・・のようです


この時期になると、何時も気になるのが
早咲きで有名な伊豆・河津町の河津桜

河津町観光協会のサイトによると
丁度、今が満開のようです

見に行きたいですね・・・・・・・・ 

こちらは2007年1月28日に撮った
一輪の河津桜の写真です 
この写真で、とりあえず、我慢しておきます

2007-0127-izu-018

今尾栄仁さん、渋谷東急本店で展覧会

2009年2月12日(木)から18日(水)まで、渋谷東急本店で
日本画家 今尾栄仁さんの展覧会が開催されます

画廊でしかお会いしたことがありませんが、
今尾さんは、れっきとした釣師
個人的には、
渓流での感覚が極限まで昇華され、
今尾さん独特の世界が広がっているように感じています

お時間があれば、是非お訪ね下さい
こちらのギャラリーで今尾さんの世界に触れることができます

ちゃんとした事務所でも持てたら
是非、今尾さんの絵を飾りたいと 思っています

2009 ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

今年も元旦の夜にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の
ニューイヤーコンサートをテレビで楽しみました

ちょっと驚いたのは1月3日の日経新聞が
このコンサートを取り上げていたことです
めったに無いことのように思えます

今年の指揮者はダニエル・バレンボイム Daniel Barenboim
1942年アルゼンチン生まれ、現在の国籍はイスラエル

2009年がハイドン没後200周年にあたるとの事から
ハイドンの出陳地ハンガリーに関連する選曲がなされたとか・・・
そのせいか、どうかはわかりませんが、
個人的には、今年は軽やかさ、きらびやかさ、華やかさが
若干オブラートに包まれていたようにも感じます

このニューイヤーコンサート、新年の楽しみにひとつです

サントリーホール・ニューイヤーコンサート2009

2009年1月2日、サントリーホールで
ウィーン・フォルクスオーパ交響楽団 
ニューイヤー・コンサート2009を聴いてきました

今年の指揮者は
ルドルフ・ビーブル Rudolf Bibl
ウィーン・フォルクスオーパ名誉指揮者
生粋のウィーン子、1948年にはすでに指揮者としての活動を開始
プログラムによれば
”ウィンナワルツ独特の三拍子をふんだんに聴かせて観客をしびれさせ
そのテンポの良さに心をウキウキさせる”とのこと

心なしか今年の”美しき青きドナウ
そのウィンナワルツの三拍子を堪能できたように感じます