老眼鏡 中近距離用は失敗でした その後


前回の”老眼鏡 中近距離用は失敗でした”の、その後の顛末です

ここのところ、約10年間お願いしている
横浜に本店のある眼鏡屋さんです
店長にこれまでのいきさつを話して
今回購入した中近距離用の眼鏡では、室内の様子が全く見えず
室内でも、遠くを見るための別の眼鏡をかけなければならないことを説明しました

これまでにお願いした眼鏡の状況もデータとしてきれいに残っています

再度、検眼から丁寧にやってもらい、
現在の中近距離では、1.5m離れると、ぼやけて見れないとのこと
改めて遠近両用の老眼鏡を作ってくれました

さすがに、眼鏡の専門店として営業をしている会社
対応は丁寧で、非常に満足のいくものでした
今回の対応に感謝します

ついでに、といっては何ですが、
今回パリで手に入れた眼鏡のフレームに
新しいレンズを入れるのも頼んできました

老眼鏡 中近距離用は失敗でした


まぁ、年代に応じてそれなりに近くを見るために
いわゆる老眼鏡が必要になってきます
極度の近視の私の場合も、
近くを見るために、遠近両用の老眼鏡を使っています

今まで使っていた眼鏡では、雑誌や書籍の細かい字が見えにくくなったので
検眼の上、近くを見るための度数を2段階上げることにしました
そこで、お店から”こんなのもありますよ”と勧められたのが、
中近距離用の眼鏡でした

が、これが全くの失敗でした

ほとんど室内で、雑誌新聞を見たりパソコンを見たりするのに
通常の近視用の眼鏡と別に、これまで遠近両用の眼鏡を使い、
外出の際には、普通の眼鏡を使っていました
そこで、室内では中近距離用の老眼鏡で十分だろうと考えたのですが、
全く違っていました

室内で、4メーター程先のテレビを見るのにも
不自由する、要するにボケて見えない状態です
これでは、室内でも眼鏡をかけなおさなければならず
生活するに不自由で仕方ありません

以前の遠近両用の眼鏡では、そういうことはありませんでした

今回の、中近距離用の老眼鏡の買い物、全く失敗でした
それぞれの近視、老眼の程度によって違うのかもしれませんが
皆さん、くれぐれも私と同じ失敗をなさらないように・・・・・

神宮前鍼療所 鍼治療のその後

このところ約2週間ごとに行っている
神宮前鍼療所の鍼治療に行ってきました

通い始めて1年位かなと思っていましたが
最初に行ったのが2006年11月25日
驚きましたが、あっという間に
2年以上通っていることになります

 最初に頚椎変形症、頚椎管狭窄症の症状が出たのは
2002年6月(サッカー・ワールドカップの年)でした
右手ひじの痺れ、右肩甲骨・裏側の痛みを感じました
年齢的にも40肩かな?程度でした
この状態が、およそ2週間位続きました

が、ある朝、右腕全体が痛み、ベッドから起き上がれない

最初の整形外科では、レントゲン撮影の後
40肩ですね、との診断でしたが
あまりに痛みがとれず、近所の大学病院を訪ね
レントゲン、MRIの診断を受けて、正確な病名がわかりました
首の変形した頚椎の1部が神経を圧迫、
神経が炎症を起こして右腕に全体に痛みが走っているとの事
痛みは、現実に右手、右ひじ、右のわきの下、右の肩甲骨の裏側に出るのですが
その原因が、首の神経の炎症というのが
なんとも不思議です

このときは、神経の炎症、はれが引くまで
痛み止めを飲みながら、首に負担がないように
ベッドの上で天井を眺めながら寝ているだけ・・・
人類が2足歩行を始めて以来、
頭の重さはすべて首にかかっているとの事
ベッドに寝ているのが、一番負担が無いそうです
痛みが取れるまで、3週間近くかかったように記憶しています

2度目に、右腕の異常を感じたのは
4年後の2006年の6月、
渓流釣りで少々無理はしましたが
最初に右のわきの下に痛みが出ました
この時には、早めに首への負担を軽くし、
大事には至りませんでした

ここのところ、右手の痺れが出てくることは時々ありますが
大きな痛みに発展することも無く、
車も長時間、5・6時間にわたって運転できるようになっています

鍼の治療が、確実に良い結果をもたらしているように思います
しばらくは、鍼治療を続けてみようと思っています

風邪を引いてしまいました

ボストンから帰ってきて、まだ時差が取れない状況で風邪を引いてしまいました
帰ってきた当日はまだ緊張していたのかもしれませんが
その次の日から、38.6度ほどの熱が続きました

病院に行き、薬で熱やのどの腫れを抑え、
何とか4日目で普通に戻すことができたようです

時に応じて、50代の健康について考えていますが
時差の取れ方の遅さや、以前とは違う体力を
今回も実感することとなりました

少し本格的に肉体改造に精を出さなければいけないかもしれません
高齢化が進んでいる周りの状況で
高齢者に混じり、あまりしゃにむに体力つくりに励むのも
ちょっと気が引けるといった感じでいます

神宮前鍼療所で針治療を受ける

あまり針などの治療には前向きではありませんでした

が、前回石垣島に出かけた時に鍼灸師のマッサージを受けました
その鍼灸師、小学生のときに自動車事故で頚椎の変形を起こし
青年期にひどい偏頭痛だったそうです
針治療によってそれが治り、自らも鍼灸師になることを決めたとの事です

この話を聞いた時からどこかに信頼できる良い鍼灸師はいないかなと思って探していました
なかなか情報もなく、かといって鍼灸院を手当たり次第に試してみることも出来ません

ご存知のように、石原都知事の健康法で腰のヘルニアの治療として
神宮前鍼療所の岡田院長がメディアで紹介されていました

予約が取りにくい状況でしたが、幸運にも今日行くことが出来ました

初めての治療の感想は、
刺した針に低周波の振動を当てられているときに盛大にプルプルと振るえ、
大丈夫かいなと思っていました
治療後数時間経った感じでは首の凝りが取れている感じがし、効いていると思います

しっかりと治療の効果が感じられるまで、しばらく続けて見ようと考えています