肩、首の調子が良くありません


皆さん、何かしら肩こりはお持ちでしょう
が、 ここ数日、特に肩の張りを感じています

これではいけないと、にわかスイマーになり、泳いで見たり、
マッサージを受けに行きましたが、あまり良くなっていません
おまけに、首から来る、右腕の痺れが出てきて、マウスを動かすときに痺れを感じています

PCの前に座るのがつらいと言うのは
私的には、非常に悲しいことであり、少しでも早く、良くしようと最大限の努力をしています

そんなわけで、ここのところ、アップが遅くなっています

自業自得 頚椎変形症


久しぶりのアップになります

2006年6月17日、18日渓流へ出かけ、
久しぶりの渓流釣行にはしゃぎすぎました

初日に、わずか1,2時間の睡眠のあと
5時から13時過ぎまでの約7時間の渓流上り、約7km
2日目には、約5時間の渓流、沢登り
ほとんど、足元を注意しながらの沢登りが首に負担をかけました

はじめ、肩の痛みを感じ、
それでも久しぶりに竿を振ったからかなと思っていました
しかし、肩の肩甲骨の裏側に歩いていても痛みを感じるようになり、
4年前の悪夢がよみがえって来ました

ちょうど2002年6月、
右手の痺れから、肩の痛みを感じましたが、
それでも数日間手元を見つめる作業をしていて、
最後には、痛みでベッドの上で動けなくなりました
MRIによる診断の結果、
頚椎変形症、および頚椎官狭窄症と診断されました

今回のレントゲンでも
頚椎の4,5,6番目が見事に変形しています
通常頚椎はきれいな4角なのですが
それが崩れた形になっています
その崩れた部分が何かのきっかけで神経線維に当たり
神経線維が炎症を起こす場合
その場所によって、私の場合、右手、右肩に痺れや痛みが走ります

幸い今回は、2日目すぐに横になったり、車の運転を頼んだりしましたので
4年前の様にベッドの上で、痛みで動けなくなることはありません
それでも、頚椎に一番負担をかけない
寝たままで上を向いておく姿勢をなるべく長くとり、
神経の炎症をとることが必要です
PCの前に座る事も、痛みが増してつらい状況でしたが
少しだけ良くなってきています

この頚椎の変形、外的な衝撃、いわゆる鞭打ち症でも起こりますが
長期間に自然な変化としても起こります

私の場合、1975年から約10年間長時間無理な姿勢を続けていた事や、
1994年ごろからラップトップを長時間見続けていたことによって
変形していったのでないかと考えています
ラップトップを覗き込む姿勢は非常に首に負担をかけるとの事

現在、一部の企業がラップトップを採用したり、
IT技術者の方がラップトップを長時間見続けている状況を懸念しています
20年、30年後が心配です

様子をみながら、ゆっくりとブログをアップしていくことにします
健康にはどうぞ気をつけてください

眼の負担を軽くする

仕事柄1日中PCを見ていること多い毎日ですが、
最近、肩、首の凝りくがひどく、痛みとなっていました
もちろん毎日ストレッチングや、気まぐれヨガに精を出していますが
とても解消されません
特に右肩の痛みがひどくなっています

今日は何気なく、朝から境目の無い遠近両用メガネ、
いわゆる老眼鏡をかけて一日を過ごし、PCを見ていました
この老眼鏡は、遠近両用でありながら境目が無く
度数を一枚のレンズの中で連続して変化させてあります

そのおかげかどうかは、まだ確信がありませんが
今日一日、肩の凝りが幾分強くないように思えます

老眼は個人差はありますが40代から始まるとの事
近くのものを見ることがつらくなったときには
なるべく早く老眼鏡で対応することが
不要な肩や首の凝りを防ぐことになります
最近は境目の無いものやおしゃれな老眼鏡も多く出ています

歯の定期健診に行くようになりました

歯の定期的な診断を受けるようにしました

よくおじさんの代名詞になっている爪楊枝で歯の掃除をするしぐさ
これにもちゃんとした理由があります

人間の歯茎は骨で出来ており、老化とともに痩せて下がってくるとの事
骨であるがゆえに痩せてくると回復させることは出来ないといわれ驚きました。
それまでは、なんとなく歯磨きで歯茎さえ健康であれば
いつまでも大丈夫と思っていましたので

年齢を重ねると、この歯茎がやせてきて歯との隙間に物がつまり
歯槽膿漏などが出来やすくなってきます
また高齢者特有のしゃべり方の原因ともなります
特にさ、し、す、せ、そ、などの摩擦音を含む言葉が
この歯の隙間から漏れてしまうことによって非常に聞き辛くなってしまいます

食事の後、歯間ブラシで歯の隙間をきれいにし
3Dの電動歯ブラシで歯垢を落とし
定期的に歯の検診を受ける
これに、常に明瞭な発音で会話をするように気をつける
というのを続けていこうと考えています

コラーゲンを飲み始める

自然な老化による軟骨の変形を防ぐためにコラーゲンを飲みはじめました。

2002年6月、右手の軽い痺れからはじまり、それが激痛となり起き上がれなくなりました。
MRIで頚椎症と診断され、頚椎3箇所で椎間板が変形し神経を圧迫、
神経が炎症を起こしていることによって激痛が発生していました。
当時、首に負担をかけないようベッドに横になり
痛み止めを服用しながら炎症が収まるのを1週間待ちました。

その後は、首が凝ったときや、手に違和感があるときに首の牽引に通っています。

通常の加齢による老化によるものですが、
30歳になるまで研究室で長時間読書の姿勢をとっていたことや、
アメリカン・エキスプレス勤務時代後半、自分で持ち込んだラップトップを
見続けていた生活習慣も関係していると思います。

ちょうどラップトップを覗き込む姿勢が一番首に負担をかけるとの事。

コラーゲンといえば、化粧品として知られていますが、
体の老化による椎間板の変化にも利くのではと思い、3ヶ月前から服用しています。
確かに、首の牽引に行く回数が減っていますが、
他の要因もありますのでまだなんともいえません。
しかし、もう少し続けて見ようと思っています。

あと、首に筋肉を付けたいのですが、まだトレーニングの方法が分かっていません。

気になるのが、日本の大手企業や若いIT関連社員が
ラップトップを通常の机で使用しているのを良く見かけます。
PC使用の本家である、アメリカ企業や外資系企業では、
キーボードは適切な高さで使用し、大き目のスクリーンを目の高さで使用しています。

社員の健康を本当に気使う(人事)担当者が、早く気付くことを期待します。