iPhone用ソフト MotionX-GPS 使えそうです


電波がつながるところでのiPhone のGPS 機能
これにはしっかりと信頼を置いています
iPhone 自体のGPS に加えて
携帯電話の基地局から位置を割り出し
正確な現在地を表示してくれています

さらに、MotionX-GPS これを使用すれば
使い勝手が格段にアップします


うめさんに教えてもらいました

大きな特徴は

世界中をカバーするMotionXのロードマップと等高線(Topo)マップを利用出来ること
Google, Bing のロードマップや衛星写真などを利用出来ること
NOAA(これは北米を中心として、日本は入っていませんが)の海図を利用出来ること
携帯電話の電波が届かない場合に備えて、
キャッシュやダウンロードによって地図を利用出来ること(これは便利!!)

この他に、 Waypointや、Track(軌跡)の記録ができるなどの
GPSの多くの機能を備えています

結構使えそうなので、しばらく使ってみることにします
何か気がついたことがあれば、またレポートしようと考えています

このソフトが350円で手に入る・・・これが世界基準ですね

iPhone 用の海図・Navionics ナビオニクス


天気も落ち着いて秋晴れが続いていますので
来週辺り三浦半島にボート釣りに出かけようかと考えています

となると、最近手に入れたGarmin のGPS
Oregon450 の出番となるところでしょう
いくつかの地図を試しているところですが
残念ながら、まだ完全に使えるようになっていません
また、釣りに使える海図、Bluechart も手に入れていません

原則に帰って、”携帯電波が届くところでは
iPhone が、優秀なGPS になる”
Garmin は電波の届かないところで使う、と考えてみます

関東圏の沿岸部では障害物がないせいもあって
どこでも非常によく携帯電話の電波を拾うことができます

iPhone 用の海図があるか探してみると
Navionics という電子チャートの会社
iPhone 用の海図を適切な価格で販売しています

どの程度、関東近県・三浦半島あたりで使えるか
試してみることにします

また海釣りをしているとよくわかりますが
海水はiPhone などの電子機器には大敵ですので
忘れずに防水ソフトケースなどでiPhoine を保護しておく必要がありますね

 

iTunes 写真の同期元の確認を忘れずに

Windows 7 の再インストールしたあと
なかなかPCが落ち着かない状態が続いています

ひとつの原因はiTunes の iPhone, iPad との同期がうまくいきません
アプリケーション、映像、音楽の同期は問題ないのですが
写真の同期が上手く行っていないようです
”ファイルにアクセスする権限が制限されています”とのメッセージで
同期が完全に終了しない状態でした

Windows のファイルのバックアップをとってあったものを
復元しているのですが
新しく作った管理者のアカウント名が古いものと違っていて
新しいアカウントでは、例えばピクチャーにはファイルがない状態でした
最初は、これが原因かと写真を新しいアカウントにコピーしてみました

これでも解消しないので
再度iTunes をインストールしましたが、症状は変わりません

Apple のサポートページを見てみましたが
この現象に関連する記述はありませんでした

改めて写真の同期を確認してみます

写真共有元が同じように”ピクチャー”と表示されていたのですが
プルダウンメニューを使って再確認すると
別なWindows アカウントのピクチャーになっています

この部分を現在のアカウントのピクチャーにちゃんと変更します
これでやっとiTunes と iPhone, iPad との同期が完全になり、すっきりしました

Aterm に iPad をWiFi 接続する

ずいぶんと前に設定した家庭内のLAN
Aterm の WD701CV に無線LAN 用のカードWL54AG を
差し込んで、WiFi 環境を作っていました
これまでラップトップを持ち込んで
何の問題も無く無線LANが使えていました

そこに、iPad と iPhone を持ち込んで
ネットにつなごうとしたのですがつながりません
無線LANは認識し、パスワードを求めてきますので
入力すると無線LANは接続されたインジケーターが表示されるのですが
インターネットにつながりません

確認してみると、169.254.XXX.XXXといった
IPアドレスをiPad iPhone側で取得しています
ここは、インターネットにつながる為には
家庭内のLANとして設定してある
192.168.XXX.XXX でなければいけませんよね

さて、どうしてだろうとAterm サイトやApple のサイトなど
いろいろと調べてみますが、良い案がなかなか浮かびませんでした

横浜の自宅では iPad も iPhone も無線LANでつながっています
そことの違いはなんだろうと良く考えてみると
無線LANの暗号化の方式の違いに行き着きました

Aterm でその時使っている無線LAN の暗号化方式は
ずいぶんと前に設定したせいもあってWEPです

この設定を、Aterm でさらにセキュリティの高いAESに変更しました

これによって、iPad iPhone は問題なくネットにつながるようになりました
ラップトップのほうは、認識した無線LANの設定を
改めてAESに変更しなければなりませんでした

結論として、なるほどiPad や iPhone は
初期の暗号化方式であるWEP はサポートしていないんだな
さすがApple と、変なところに感心してしまいました

iPhone 4 へ iPhone 3GS からのデータ移転

(追記: 2011年10月11日
iPhone 3G, 3GS から iPhone 4, 4S へのデーター移管については
ソフトバンク iPhone 3G, 3GS から iPhone 4 へのデーター移行手順
をご参考下さい
初めから、復元、するのではなく
続ける、を選択するように指導しています)

(追記: 2011年10月16日
どうも、初めて iPhone 4, 4S をパソコンにつなぐと
強制的に、iPhone の登録画面につながってしまいます
これに従って勧めていくと古いデータ移管が
上手くいかない場合があります

これを避けるためには、
最初に、登録画面が出てきたときに
後で登録する、とスキップしたほうが良いようです
後は、上記のデータ移行手順に従うことができます)

iPhone 4 について初めて記事を書きます

日常の風景が全く変わってしまう
それほどまでに劇的に今年、2010年の1月あたりから
Twitter, Ustream によって日常の風景が変わり始めました

iPhone 4 についてもその発表、予約開始、発売と
Twitter, Ustream で続々と情報が流れてきました

明らかに、これまでの2007年6月のiPhone 発表
1年遅れて日本での2008年7月11日iPhone 3G発売
2009年6月26日iPhone 3GS の発売と風景が違っていました

Twitter のタイムラインでは続々と
iPhone 4 愛称ポヨンを予約したよ・・というメッセージが流れてきましたし
また、予約、発売当日には
実に多くの人がUstream でその様子を流していました

さて、そのiPhone 4 がソフトバンクオンラインショップから
USIM と共に昨日2010年7月4日届きましたので
以下の手順で、これまでと全く同じ様に設定しました

1) これまでの3GSのバックアップを改めて取る
3GS パソコンに接続した状態で、iTunes のデバイス>3GS を右クリック
バックアップをクリックします
2) 新しいiPhone 4 にUSIM をセットする
3) iPhone 4 をパソコンに接続
4) iTunes で”バックアップから復元する”を選択
これで、住所録、メール、カレンダーなどが完全に
従来と同様にセットアップされます

さて、これまでの3GSはどうしたかというと

1) iTunes に接続、”復元”をクリックして、初期化
2) 新しいデバイスとして登録しておきます

家族の利用に回そうかと思っています