ドロップボックス・Dropbox の使い方


Dropbox とは

オンライン・ストレージ・サービスと呼ばれるもので、パソコン、モバイル端末などのOS に関係なく、ファイルを共有できるサービスです。  2008年9月にサービスが開始され、2011年4月に日本語化されています。 ソフトを自らのPCにダウンロードする必要がありますが、これによって、専用のDropbox フォルダーが作成され、ファイルをそのフォルダーにドラッグ&ドロップするだけで、クラウド上のストレージにバックアップされ、他のPCやモバイル端末で共有することができます。 変更の履歴もしっかりと取られており、何時でも参照できます。 また、PC 上で作業する時、いちいちダウンロードするなどといった手間がありません。

Google Drive (旧Google ドキュメント)とDropbox の違い

個人的にもGoogle Drive を多用していて、これはこれで使いやすいと思っています。 Google Drive の大きな特徴は、ファイル・ドキュメントの作成のソフトウェアーもクラウド上で提供されていることです。 これによって、パソコン上のソフトに依存することなく、ネットにつながるブラウザーさえあればファイル・ドキュメントの作成が行えます。 そして、ファイルの共有も簡単に行えます。  この点、Dropbox は、ファイルの作成自身は、PC インストールされているOffice や、iOS 上のPage, Kyenote, Numbers などで行う必要があります。

ところが、2013年2月時点での話なのですが、Google Chrome ブラウザーを使用してGoogle ドライブでドキュメント作成をやっていると、入力作業の際にカーソルが不安定に飛んでしまい、どうしても集中して入力作業を行うことができない、という状況にでくわしてしまいました。  時間を気にしながら、ドキュメントを作成している状況では、このような動作の不安定さというのは、致命的に信頼を損ないます。  これが大きな理由となって、Dropbox を改めて見直しています。

Evernote とDropbox の違い

2008年6月にサービスが開始され、2010年3月に日本語版のサービスが開始されたEvernote・エバーノートも日本での利用者が増えているようです。 このサービスは、簡易テキストソフトがクラウド上で提供され、加えてウェブサイトや画像など様々なものが記録できるオンラインサービスです。  どちらかと言うと、個人的な興味を簡単にメモしておくのに適しているように思えます。  日本でのマーケティングが熱心に行われているとの印象があります。

Dropbox のダウンロード

PC用にはDropbox のサイトからソフトウェアーがダウン・ロード出来ます。 また、現在はiPhone iPad 用のアプリも提供されていますので、これもApps store からダウン・ロード出来ます。 セットアップそのものは、手順に従っていけば特に問題ありません。

Dropbox でのファイルの共有

PCへのソフトのダウン・ロードで、パソコン内にDropbox のフォルダーが作成されています。 その中で新しいフォルダーを作成することもでき、フォルダー単位で、友人、仕事仲間と共有する設定が可能です。 

ホルダーを右クリック>ドロップボックスのアイコンをクリック、すると共有の方法に2つあるのが分かります。 1つは「リンクを共有」こちらは相手側がDropboxをインストールしていなくても、ウェブ上でファイル、フォルダーを共有出来ます。 もうひとつは「フォルダーを共有」、クリックするとドロップボックスのウェブサイトに飛んでいくとともに、共有する対象者のメールアドレスを入力し、必要に応じてメッセージを入力できるポップアップ画面が出てきます。 メールアドレスを入力する際に、既にあるメールアドレスへのDropbox のアクセスを許可するか?聞いてきますので、これを許可しておきます。 相手方が「承認」すると、その旨のステータスがウェブ上表示されるとともに、相手方のDropbox フォルダー上に共有されたフォルダーが作成され、共同作業がやりやすくなるようになっています。

最初、ドロップボックスのフォルダーにドキュメントを移してしまわなければならない点に、どうも抵抗があり、あまり利用していませんでしたが、本来共有すべきドキュメントであれば、その置き場所は、最初からドロップボックスであって構いません。 そう割り切ってしまえば、抵抗感も消えました。 Word やパワーポイント、もしくはKyenote, Page などで作成した様々なドキュメントを簡単に共有でき、共同作業も行えますので、なかなか使いやすいDropbox と印象が大きく変わりました。

ネガティブ報道への批判


藤シローさんのMACLALALA2 からの記事です。 このような報道の一つの震源が、日本の大手経済新聞になっているのも残念なことです。 もともとデジタル関連に強くなかった経済新聞ですが、これ以降、特定の記者の報道は、細心の注意を持って読むようにしています。

ネガティブ報道への批判

NTTドコモのMOQ(最低発注量)

藤シローさんの記事です。 これまで2006年のアメリカでのiPhone の発売から、何度NTT側からこのような内容がリークされたでしょうか? アメリカ企業が一番嫌がることです。 コンプライアンス上も、起業の経営に関わる交渉内容を外部の漏らすことは、厳重に禁止されています。 まず日本企業の経営者の経営意識の低さが問われれます。 また、既存の契約者を引き止めておくために、意図的にリークしているのであれば、それほどまでに消費者の意識を低いものだと経営者が思っているということに他ならず、私であれば、そんな経営者のいる会社への信頼を失ってしまいますが、如何でしょうか?

NTTドコモのMOQ(最低発注量)

日本の携帯市場占有率2012年の首位は、なんと Apple だった!

TechCrunch のレポートです。 注目したいのは、かつてのガラパゴス島が崩壊していることによって、従前のビジネスモデルも崩壊していること。 この崩壊は急に来ることもあれば、ジワジワと進んでいく場合もあります。 現場の方はその進行状態を肌で感じることになります。 合わせて次のビジネスモデルへの変更を進めることになりますが、その方向性が正しいかを常にチェックする必要があります。

日本の携帯市場占有率2012年の首位は、なんと Apple だった!

Google Maps が iPhone に帰って来ました

ビジネスモデルの構築に長けているApple とて、新しい分野ではこれまで2度ほど失敗しています。 iCloud の初期と今回のApple Maps. クラウドと地図情報です。 時が経てば、Maps の方も何とか問題が解決されるでしょうが、今回は今の時点でGoogle Maps のアプリケーションの配布を認めることになりました。

Google Maps グーグルマップの使い方

さすがにGoogle, 準備も万全でした。 Google Japan Blog で2つのマップが使われる状況に応じて、丁寧に使い方が説明されています。 レストランの検索、経路案内です。 非常に判りやすいビデオが好感もてます。 Google ってこんなにユーザーのことが解っていたっけ?と思ってしまいました。 これまで、技術主導でサービスを作っては、壊してきたGoogle が過去のものに思えたくらいです。

さて、3本めのビデオで説明されている「ログイン」。 ログインしておけば、履歴が残るし、PCとiPhone が綺麗に連携されます。 これこそタッチフォンの位置情報がこれからのマーケティングに重要性を増す大きな理由です。 Google はこれを一足お先にどんどんと自らのクラウドに溜め込もうとしてますね、世界中の人のを。 ここにApple も出て行きたかったんですが、最初でつまずいてしまいましたので仕方ありませんね。 今後のApple の地図については暖かく見守りましょう。 Google Maps を使いますけど。