iPhone 3G ”あんなのを耳にくっつけて電話しようとは思はない”??


iPhone 3G の仕様がずいぶん明らかになってきています

そんななかいろいろとブログを読んでいると
”あんなのを耳にくっつけて電話しようとは思わない”
といった意見を見つけてしまいました

iPhone 3G に付属するイヤホーンは、マイク付きです
そこで予定されているのは
iPod のようにイヤホーンをしながら電話をかける姿です

せっかく Bluetooth も付いています
日本語版にはまだ紹介されていませんが
Apple では アップル専用のBluetooth Headset を発売しています
なかなかデザインが良いですね

消費者の評価は、ノイズ、音量、音質の点でイマイチのようです
同じApple store でいろんなヘッドセットが紹介されています
その中で評価が高いのが Plantronics 社のものです

この Plantronics 社、調べてみると
ヘッドセットで長い歴史があり
月面着陸したルイ・アームストロングの一言も
この会社のヘッドセットからとのことです
いろんな Blue tooth 商品がラインアップされています

Apple store で評価の高かった
Discovery 925 については
Plantronics 社の代理店である MyHeadset.jp
IPhone 3G と同じく2008年7月11日に
日本で販売開始
するとの記述があります

Bluetooth Head set については
興味もありますので、もう少し追いかけて見ます

iPhone 3G 予約騒動


今回の iPhone3G の予約騒動を見ていて面白いなと思いました

まだ iPhone 3Gの仕様、販売方法、ソフトバンクの販売プランなど
何の情報も無い段階から消費者が勝手に予約に走っています
私もその一人でしたが・・・

Apple の WWDC の様子が瞬時にネットで流れ
その情報を元に、ソフトバンクの販売店などに駆けつけています

その後、孫さんが予約の受付を中止したとか
アップル側が第3四半期中、世界で1,000万台の
出荷を予定している
だとかの情報が流れています

情報伝達の速さと
消費者が自発的に動いていることに面白さを感じます
ソフトバンクとしても、
現在の予約状況、予約台数を把握し、
アップルにたいして日本向けの台数を確保、増加するよう
働きかけるなどしてほしいものです

iPhoneを予約

iphone 3G

ソフトバンクモバイルの代理店では
iPhoneの予約を受け付けてくれるようで
早速近所の代理店で予約をしてきました

物欲はもともとそんなに無い方で、
最近あまり物にはこだわりが無なかったのですが、
久しぶりの”持つ喜び”にわくわくしています

iPhone 位置付けについて
iPhone のクローズドに対して、
Googleの携帯向けプラットフォーム、Androidのオープン
との見方を、TechCrunchでMichael Arringtonがしています
世界的な見方として適切な表現だと思います

”ユーザーはシンプルさとエレガンスのためなら
価格とフレキシビリティも引き換えにする”
その通りです

iPhone 3G の発売は7月11日

昨日2008年6月9日のアップルのコンフェレンスWWDCで
3G iPhone の発売が2008年7月11日となることが発表されました

2年契約は必要とされるが、価格は$199からと手ごろです
GPS機能が装備されています
改めて、美しさ、持つ喜び
操作性の軽快さ、斬新さを書き留めておきます

 

iPhone の発売が待ち遠しい

iPhone がソフトバンクから今年、2008年中に発売されるようです
うれしい限りです
決してアップルファンではありませんが
iPod からのアップルの商品には
持つ者に喜びを感じさせる商品つくりが感じられます
前回ニューヨークでiPhone に触れたときにもその感を強くしました
あの質感と、使い勝手の斬新さは新鮮です

ソフトバンクがアップルのどんな条件を飲んだにしろ
この iPhone は別物であるとの認識でしょう
NTTドコモが従来のビジネスモデルから抜け出せない限り
アップルとの契約は難しいでしょう
ソフトバンクも、他の携帯電話メーカーから
アップルと同じような条件を出されても
商品に魅力が無い限りそのメーカーとの契約を打ち切ればいいだけのことです

さて、使う方としては、iPhone を電話だけとは考えていません
Wi-Hiの無線機能を使ってネットにつなぎ
新しいブラウザーSafariで快適にネットサーフィンしたいと思います

現在ソフトバンクでは3Gの場合、
パケット通信で0.2円/1パケット(128バイト)
64Kデジタル通信で36円/30秒
といったプランを原則としているようです

ADSL 50M を1日中つなぎっぱなしにしている現状を考えると
インターネットに対する電話業者からのものの見方とはいえ
パケット通信は、なんじゃいな・・・という感じですし
64Kの通信もおそらく使い物にならないでしょう

そうすると無線サービスを探すことになります

有償のサービスとしての
ライブドア・ワイアレス
ホット・スポット NTTコム
フレッツスポット NTT東西
Mフレッツ NTT東日本
Mzone NTTドコモ
BB モバイルポイント 日本テレコム
など、カバーしている範囲や料金に差があります

気になったのはワイアレスゲート
月額基本料210円 都度料金1日あたり299円で
BBモバイル
エキLANスポット
成田空港エアーポートネット
ライブドアワイアレス
羽田空港ビッグバード無線LAN
JR東海
が使えるサービスです

さすがにNTTとは話が付かなかったようで
別にフレッツスポット、オプションプランというのが用意されており
単純に月額1,215円上乗せになるのに加え
NTTとの契約に2,800円かかるようになっています

このワイアレスゲート、
最初に使ってみるサービスとしてはいいかもしれません
このほかにローミングサービスとして
日本通信のbモバイルがあります
PHSが利用できますが
料金は無線LAN接続を含めて従量制となっているようです

無償のサービスとして
フリースポット
FON

などでしょうかフリースポットは、人の集まるところに無線ルーターを置こうという活動でしょうし
FONは、家庭の無線LANを一般に開放しようとするものです